宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

宮崎大学とサンゴ調査報告5

★2015年6月23日(月) AM9:30~ 浦城・天神ビーチのサンゴ調査後記★ ◆天神ビーチでのサンゴの定点観察の3回目です。 今回は前回よりも透明度も良く今回も宮崎のサンゴ博士こと深見先生と海洋学部の学生1名がサンゴをチェックしました。 深見先生いわく、延岡の海が黒潮の影響を受ける回数や年間の水温を考えると、死ぬサンゴと新しく作られるサンゴの入れ替わりが意外と早いのでは?という・・・。 こうして、定点で調査をしていくと本当に月毎の変化を敏感に分ることが出来る。

■参加者: 宮崎大学&スタッフ 計5名 ■報告者: STAFF勝栄 -------------------------------------------- 【サンゴ調査の様子】 ▲天神ビーチの定点観測ポイントが5カ所あり、毎月それぞれを調査続けます。

調査開始3ヶ月目としてわかった事は、長雨のせいもあり前回に比べ水温は若干しか上がっていないが、弱ってたサンゴはさらに回復しているし、病気で白化が進んでいるサンゴもあった。 深見先生いわく、延岡の海が黒潮の影響を受ける回数や年間の水温を考えると、死ぬサンゴと新しく作られるサンゴの入れ替わりが意外と早いのでは?とのことだった。 この調査が1年間通して修了すると、さらに詳しい情報が入りますので、今後も報告をお楽しみにしててください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です