宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

’07 4月硫黄島・竹島ツアー後記

★硫黄島・竹島ツアー後記 2007年4月13日夜〜15日(2泊3日)
■担当スタッフ:高橋勝栄
■写真提供:中原伸様・岩永知佐子様・柳田陽一朗様
ioujma_R.jpg ioujma (2)_R.jpg
◆延岡マリンでは初企画となる「硫黄島・竹島」!仲良しショップさんから情報を頂いていて、今年ついに未開拓の地に足を踏み入れてみました。今回は福岡のDS「サンズ」さんとの合同ツアーで、マリンから6名+サンズご一行3名でチャーターボートを貸切です。
金曜の仕事上がりから鹿児島へ移動しておいたから楽チンです。朝から枕崎へ向けて車で移動すること1時間少々・・・。到着後荷物を積み込み、チャーターボートで硫黄島へ向かいました。マリンでは「初企画は当たる!」というジンクスがあるように、毎回期待大なんです。初めての海は本当に楽しみでワクワクしますね。
【ツアー初日】
■ポイント:�竹島・籠No.1/�竹島・
■天気:晴れ
■気温:22℃
■風向き:西(やや強い)
■透明度:25〜15m
■水温:21〜20℃
◆初日天気も良かったけど、結果的に風の関係で実際には隣の「竹島」のみでのダイビングになってしまいましたが、魚種&魚影の凄いことったら・・・。透明度も抜群だし、想像以上に凄い海でしたよ!
そして今回お目当ての大型のイソマグロ群も1本目から出ましたぁ〜!特に後半で田のは体長1.5m以上の奴らで形成した群れでした。もうビックリでした。そして相手を探して繁殖期の超特大アカウミガメも出現!あまりのデカさと鼻息荒く至近距離に近づいてくるから、さすがにウミガメ大好きWさんも引き気味でした(笑)。そして我々男性人はお尻をキュッと締めて、背後を許しませんでした(笑)。キンギョハナダイはその数、数万匹!まさに男女群島並みでしたね!その中をメジナの群れやアオブダイなども交じり、テングダイ群、トサヤッコ、タテジマヤッコ、ハナゴイ群、セナキルリスズメダイ、タテキン、サザナミヤッコ、アカククリ、モンガラカワハギ、クエ、ウメイロモドキ&グルクン群などの人気種も勢ぞろいで最高でした!
iou0704 (13)_R.jpg iou0704 (12)_R.jpg ioujma (13)_R.jpg ioujma (7)_R.jpg
iou0704 (9)_R.jpg iou0704 (10)_R.jpg iou07041_R.jpg iou07041_R (3).jpg
【ツアー2日目】
■ポイント:�竹島・籠沈船/�竹島・ツインロック
■天気:晴れ
■気温:17℃
■風向き:西(やや強い)
■透明度:30〜20m
■水温:21〜20℃
◆2日目大物狙いの硫黄島でのダイビングを試みましたが、海況が悪く竹島へ!今日は1本目沈船狙いに切り替えました。かなり深場(水深38m)でしたが、かなり大きめの船で船内にはたくさんのヨスジフエダイとイシモチの群れが集まっていました。そしてここにはスミレナガハナダイやケラマハナダイ、スジハナダイ、フタイロハナダイの群れまでいて、九州でまさか見れるなんて・・・と嬉しかったですね。
2本目は癒し系のポイントへ!ここは二つの岩が白い砂地にあり、この岩周辺には小魚がいっぱい!特にキンメモドキとスカシテンジクダイの群れと一緒に、約40匹以上のハナミノカサゴが群れていて、ハナミノ団地に思わずビックリでした。その他の一押しはツキチョウチョウウオ・ぺア、タテキン(渦巻き→縦縞)バージョン、イサキ群れ、サザナミヤッコ、キンギョハナダイ大群、ユカタハタ、ニラミギンポ、ミナミギンポ、シテンヤッコ、リュウグウウミウシの仲間なども見れました。
iou0704 (14)_R.jpg iou0704 (4)_R.jpg iou0704 (2)_R.jpg iou0704 (1)_R.jpg
iou0704 (8)_R.jpg iou0704 (7)_R.jpg iou0704_R.jpg 121[1].jpg
【今回のご当地グルメ】
ioujma (11)_R.jpg ioujma (12)_R.jpg
◆やはり鹿児島と言えば「カツオ」が有名ですよね!もちろん旅館でカツオのタタキも頂きました!しかも硫黄島や竹島には「大名竹」と呼ばれる激ウマの竹林がいっぱい!「大名竹」の刺身やてんぷらも頂いたり、マリンのパパさん&船長が採ってきてくれた旬の「たらの芽」を持参し、旅館で揚げてもらいました。どれも激ウマで大好評でした!
ioujma (9)_R.jpg ioujma (15)_R.jpg
◆そして枕崎へ戻ってから温泉の前に腹ごしらえ。サンズの木村さんお薦めの「うどん&そば屋」で名物の「海鮮かき揚げ丼」とうどんを食べに行きました。これがまた激ウマ!ツアーはやはりこれがないとね。
【今回の目玉】
【硫黄島:東温泉】
ioujma (3)_R.jpg iou0704 (6)_R.jpg
◆海を一望しながら入れる「天然露天風呂」でしょう!男女混浴なので水着を着て入るのですが、ダイビング後にビール片手に海を見ながら潮風を感じ、そして波の音を聞きながら入れる温泉は全国広しあまりない!これだけでも硫黄島に行く価値はありますね!
【枕崎:なぎさ温泉】
ioujma (8)_R.jpg iou07041_R (2).jpg
◆枕崎の高台にあり、これまた枕崎の海を一望出来る露天風呂付き温泉。枕崎に行くと毎回入る温泉ですが、地元では神が宿り海人を守ると言われている「立神岩」も見れて、景色が最高です。
◆一泊2日でこの抜群の透明度!そしてこの魚種&魚影・・・。硫黄島ツアー目玉である海一望の露天風呂も最高だったし、参加者は皆大満足のご様子・・・。名物となっている野生の孔雀はジックリは見れなかったですが、ダイビング&温泉の素晴らしさに帰りの車中にて早速次回のツアー予約をいただいたほどです。もちろんマリンでは「硫黄島&竹島ツアー」を恒例にすることが決定しました。
かなり安価だし、飛行機などを使うことがないので予約やキャンセル費用にしてのリスクもないし、安近短で充実した内容なので、家族持ちダイバーさんやなかなか長期休みが取れない忙しいダイバーさんにもお薦めです。今回のツアーの合言葉は「孔雀ハンター」です!次回は夏以降を考えてます。まだ手付かずのこの海に興味ある方は是非ご一緒しましょう。
ioujma (10)_R.jpg ioujma (1)_R.jpg
◆最後に、今回現地でお世話になった福岡DS「サンズ」の木村さん始めゲストの皆様、船長の中村さん本当にありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です