宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

MD延岡取材’08

★月刊マリンダイビング・延岡取材’08 2008/05/28夜〜30★
md0805_R.jpg md0805 (4)_R.jpg
◆5月下旬、毎年恒例となっているダイビング専門雑誌『月刊マリンダイビング』の宮崎特集の取材がご来延!それで今回は船長はパパさん、そして勝栄とヨッシーでガイドしてきました。
■報告者:スタッフ勝栄
                     

◆先に取材に行っていた「南郷」より5月28日夜に延岡入り。
今回も前回同様にカメラマンは北川さん!北川さんは前回の初延岡にて海はもちろん、アフターの充実ぶりに驚くと共に、かなり満足してお帰りになられたほどでした。
そして今取材では他のコーナーの絡みもあるということで、MD社員でもあり女性モデルの高木さんもご来延しました。
お二人が延岡入りしてから、詳しい打ち合わせをした結果、海だけでなく今現在延岡マリンが取り組んでいる「延岡ならではのダイビング」「アフターダイブの充実さ」「最終日の遊び方やエコツアー」なども紹介することになり、ホテルは「ホテル・メリージュ延岡様」、グルメ処はダイバーにお馴染み「ほとめく様」、その他、エコツアーにて提携している「むかばき青少年自然の家様」「ひでじビール様」にもお連れし、宿泊施設や天体ドームやツリーハウスなどと、そして延岡の地ビールの製法&試飲などして、プラスαの取材をしてきましたので、今回は今までとは一味違った特集になる予定ですよ!
◆今回の海中はと言うと・・・、正直延岡での海中取材は1日のみだったし、前線通過による海況悪化にてポイント選びから本当に苦労しました。と、まず言い訳しときますが・・・f(^^;
5月29日(木)の海中取材日は朝まで雨予報だったので、少し遅くスタートし、まず我らが延岡ダイブに欠かせない『天神』へ!エントリー&エキジットがこれほど楽に出来て、人気の生物が目白押しのビーチポイントは全国なかなかありませんから、エントリーシーンなどを中心に撮影しました。
その後、ボートを出して島野浦島の『日本一のオオスリバチサンゴ』ポイントへ・・・。でもポイント周辺は北風であったのもあり、いつもよりニゴニゴ状態・・・。やはり秋ごろからですね。当然諦めて別ポイントを探しました。でも何たって強い北風な上、南東からの強いウネリなんですから、ポイントはどこもかしこも・・・。
結果的にMD取材はまだ潜ったことがないし、ワイド系を撮りたいとの話から人気の『ダブルアーチ』を狙ってみました。多少はウネリの影響がありましたが、さすがに皆さんベテランなので問題なし!
北側のトンネルの中&外周辺には、キンメモドキ大群、キンギョハナダイ群、マアジ大群、ツマグロハタンポ大群、アカマツカサ大群、グルクン群、ウメイロモドキ、シテンヤッコ、特大イセエビなどがごちゃ混ぜで、普段よりさらに凄い魚群が集まっていて、も〜〜っかなり賑やかでしたわ。欲を言うともう少しクリアだと本当に最高だったんですけどね〜(笑)。とにかくキンメモドキの大群は何万匹なんでしょう・・・、例えると3階建てのマリンくらいは楽に群れているんですからね。今回は我々スタッフと取材陣だけだったので、トンネル内の撮影もいい感じでしたから、写真が楽しみです。
そして色々打ち合わせをした結果、3本目はまた『天神』に戻って、アイドル軍を撮影することにしました!イロカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、タツノイトコ、ミナミハコフグ、アライソコケギンポ(オレンジ)、特大ゼブラガニのペア、フジイロウミウシ、コモンウミウシたちを紹介しました。
md0805 (1)_R.jpg 08523kodama (14)_R.jpg md0805 (2)_R.jpg md0805 (12)_R.jpg
md0805 (13)_R.jpg 08523kodama (36)_R.jpg 08523kodama (33)_R.jpg md0805 (3)_R.jpg
※皆さん、次号7月10日発売(延岡は11〜12日位)のMD8月号をお楽しみに!
PS:最後にMDの北川さん、高木さん、お疲れ様でしたm(__)m そして今回取材にて協力をして下さった「メリージュ延岡様」「ほとめく様、ご協力に感謝いたします。ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です