宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

串間市&南郷町のオニヒトデ駆除2014 後記2!

★2014年12月3~4日(木) オニヒトデ駆除作業 AM9:30~

随分、数が減ってきました!
◆2015年初となる鬼退治&レイシガイ退治に宮崎県の最南端・串間市へ行ってまいりました。
「宮崎県スキューバダイビング安全対策協議会」主催で、宮崎の海を守るプロジェクトとして開始し、一昨年発見された串間市のミドリイシサンゴの大群生地を串間市も立派な観光資源としてとらえ、官民一緒になって群を守る活動になってます。
今回は2日間に分けて、串間市と南郷町のそれぞれのエリアをモニター&駆除作業を行いましたが、オニヒトデもレイシガイもかなり減っていて、ある意味肩すかし状態でした。でもこれこそが私達が望んでいることです。
参加者は宮崎県スキューバダイビング安全対策協議会のメンバー他、MRTの取材陣や宮崎大学のサンゴ博士こと深見先生も来ており、うちからSTAFF勝栄といずみの2名で参加してきました。
ちなみにいずみは初の串間ダイブ&鬼退治でした。

■参加者:宮崎県スキューバダイビング安全対策協議会他 計11名
■報告者:STAFF勝栄

---------------------------------------

【オニヒトデ駆除&レイシガイ駆除作業!】


もしかすると移動をして場所を変えただけかもしれませんが、今回オニヒトデに関しては串間市沖も南郷町沖も、両エリアは随分減っていて、これまでの駆除作業の成果が出たのでは?という結果が出ました
でも、一難去ってまた一難・・・、オニヒトデはかなり減ったものの、今度はヒメシロレイシガイというサンゴを食べる貝が異常に増えておりました。
今回も一面が食べつくされ白化しているサンゴもあちこちにありますので、早急に駆除しないと一気にサンゴが無くなる可能性を秘めています。
今度はピンセットを各ダイバーが持って、ひとつひとつ取り除く細かい作業になるでしょうが、 サンゴを守る為に私達ダイバーしか出来ないので頑張るしかないです。
安対協の皆さん、これからも一緒に汗を流しましょう!そして守っていきましょう。
2日間、本当にお疲れ様様でした。

————————————————————————–

【 おまけ 】
宮崎県出身シンガー「井手綾香」 さんは、串間市出身です。
しかもご両親が港そばでガソリンスタンドを経営しております。
全然ミーハーではないのですが、たまたまガソリンを入れないと行けないタイミングだったので、そのガソリンスタンドで給油してもらうことにしました。
そしたら、店から金髪姿で日本語ペラペラの外国人女性が出てきて、一瞬違和感を感じましたが・・・
そうです・・・井手綾香のお母さんでした。
給油中、お母さんから「綾香ちゃん知っている?」と聞かれ、「もちろんです!宮崎人の誇りです!」と答えたら、満面の笑みで喜ぶ子供思いのお母さんでした。
ちなみに、井手綾香ポスターが飾られ、CDまで販売しておりましたよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です