宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

エコバック・プレゼント!

PADIのAWAREオリジナル・エコバッグ!先着10,000名様にプレゼント!
(AWAREデザインカード申請者対象)
m08020_1.jpg
◆近年、温暖化の影響や自然破壊により、毎年異常気象を引き起こし、大きな災害や身の回りの負担が大きくなってきました。これも皆、我々人間が快適に生きることを中心に考えてきた結果であり、自然を削りとり、豊かだった地球環境を圧迫した代償により引き起こしたと言っても過言ではないでしょうね。
私たちは地球に住む生命体として、すでに地球温暖化対策や環境保護活動に参加をしている方も多いと思いますが、皆様は身の回りで『地球に優しいこと』ってしてますか?
PADIジャパンは、今年環境問題を考える第一歩として、さらに活動の輪を広げる為として、日常ゴミが出ないようにできることから始めていただくということから『AWAREオリジナル・エコバッグ』を作成し、プレゼントすることになり、私達延岡マリンも賛同することにしました。
これはここ数年は全国よりAWARE活動報告やCカード申請時に寄付金をダイバー様より頂いて、海を守るために使えるようにしていました。それが今までの「AWAREデザインCカード」だったのですが、身近なところでゴミを出さない生活スタイルがゴミ削減のためにとても重要であり、水生生物の誤飲による悲しい現状を少しでも減らせていけるものと考えます。実際にレジ袋などのビニールは分解されないことから、海のゴミになってしまうとウミガメを始めとする多くの水生生物がエサと間違えて誤飲してしまうという例も少なくありません。また、ゴミを減らす意識を高めることで、モノを大切にする気持ちをもち、モノを大切に使い、モノに感謝することもできると思います。
このエコバック等については、すでに各都道府県や各自治体、NPO団体なども取り組んでいますが、私達延岡マリンスタッフもこの取り組み方が素晴らしいと考え、一緒に協力していきたいと考えております。
是非皆さん、この素晴らしい海中世界を次の世代に残せるようにご協力をお願い致します。
【実施期間】:2008 年度7月22日(火)申請書到着分より〜10,000個終了まで。
【対象者】:2008年7月22日(火)以降にPADIコースまたはCカード再発行の申請書が到着し、AWAREデザイン・カードの申請(通常申請料にプラス一口最低500円以上の寄付)を希望するダイバー及びプロメンバー。
【申請方法】:Cカード申請書式(PIC等)にある「AWAREデザイン・カード申請のご希望」にチェックしていただき、寄付金額(一口500円以上)をご記入ください。AWAREデザイン・カードのご希望チェック欄がないPICなどをご使用の場合は、余白部分に「AWAREデザイン・カード希望」の旨と「寄付金額」をわかるように記載してください。尚、AWAREデザイン・カードは通常のCカード配送より若干送付に時間がかかりますのでご了承ください)。
m08020_2.jpg
AWAREオリジナル・エコバッグ。小さく 折りたたんで持ち運べるポケッタブル仕様です。
m08020_3.jpg
サイドはメッシュ使いでマチ部は130mm。たっぷり収納できます。持ち手部分も肩掛けにちょうど良い長さです。
m08020_4.jpg
内側に小物の収納に便利なポケットがひとつ。開閉部分はスナップ付きで口が広がったままになりませ● 仕様:本体外側にPADIとAWAREプリント/開口部はスナップ付き(タブ止め)/メイン室1室・内側ポケット(オープン1個)/小さく 折りたたんで持ち運べるポケッタブル仕様
● 色:AWAREグリーン(Pantone3435)
● 素材:ポリエステル420D
● サイズ:折りたたみ時160mm(幅)× 120mm(高さ)×30mm(マチ部)、通常使用時340mm(幅)× 550mm(高さ・持ち手部含む)×130mm(マチ部)。
◆私達ダイバーが海に出来ること・・・。まだまだたくさんあると思います。今後も綺麗で癒してくれる海への感謝を込めつつ、ビーチクリーンなどのAWARE活動を始め、信念を持って一緒に頑張ってやっていきましょうね!
※AWAREデザインカード申請に関しての詳細は、当店スタッフまで!


2 thoughts on “エコバック・プレゼント!”

  1. 大西 恵子 より:

    自然を大事にするために、協力していきたい。

  2. かっちゃん より:

    大西様
    書き込みありがとうございます。
    こんなに素晴らしい地球に住んでいながら、馴れからなのか感謝の気持ちや大切に思う気持ちが、いつの間にか薄れていく人間たち・・・。
    海中に潜って約22年!日増しに変わっていく景観や生態系に、驚くとともに悲しくもなります。はたまた怖くもなります。
    是非是非、日頃の生活から地球に優しい活動を始めていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です