宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ:2020年8月1日(土)

天  気 晴天

最高気温 32℃

風の状態 南東/弱い

海  況 少しウネリあり

海  流 なし

活動内容 ボートファンダイブ・ボートシュノーケリング

ボート:シュノーケリングもダイビングもどちらも最高!

ポイント①シーメイズNo.2・②ビッグボミー・③天神鼻先エントリー 報告者

スタッフ勝栄
水温23~25℃
透明度①15~16m・②③6~7m

午前中、延岡市教職員互助会のボートシュノーケリングにお連れしました。
シーメイズのNo.2だけは透明度が抜けており、天気が良いこともあり、最高のシュノーケリングができました。

 

そして・・・ボートシュノーケリング後のボートファンダイブ!
NMSメンバーしげさんの祝5555ダイブをお祝いするために、午後からボート出しました。
浦城沖のビッグボミーにアタックしましたが、今延岡で最も魚が集まっているかもしれません。
今日も、イサキ・マアジ・ネンブツダイ・ムツ・キンギョハナダイ・ムレハタタテダイのそれぞれが群れてました!

しかも、アンカーを打つ沈み瀬にはウミウシはわんさかと。(笑)
卵を産んでいる途中のウミウシいたりと、やはりウミウシポイントでもありますね。
また水中洞窟内で、珍種サクラテンジクダイが凄い群れになっており、顎が大きくなってパンパン状態で口内保育している雄の姿が、沢山ありました。

そして、洞窟でNEWフェイスのベニカエルアンコウも発見したり、ビシャモンエビやベニキヌヅツミガイなどにも会えました。

 

そして、2本目は天神鼻先エントリー!
ハナイカの卵は少しずつハッチアウトしていますが、まだ残ってます。(笑)
そして、黒色カエルアンコウにも遭遇!最近、天神ビーチのカエルアンコウたちはジッとしててくれないので、次回も同じ場所付近にいて欲しいです。
その他、ウミテング、ミナミハコフグ幼魚、マツカサウオ、ハナイカなども見れてました。
そして、こんな楽しいダイビングの中、シゲさんが偉大なる祝5555フィーバーダイブ迎えることができました。
※海中写真提供:藤沢さま・STAFF勝栄


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です