宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2013年12月3日(火)

◆ポイント ボート①北浦ハイの浜・②博打礁西
◆情報提供者: STAFF勝栄
◆天気: 晴れ/最高気温: 20℃
◆水温: ボート:約19~18℃
◆透明度 ボート:約15m
◆風の状態: 東の風/風の強さ: 弱い
◆海況: ベタ凪/海流: なし
◆エンリッチドエア使用: なし
◆活動内容: 藻場調査ダイブ・ポイント開発
◆写真提供: STAFF勝栄

★《ボート》 透明度15m!★
◆今日は急遽北浦地区の藻場調査ダイブがあり、ポロは昨日に引き続き潜水作業にいっているので、NMSメンバーNさんに手伝ってもらって調査してきました。これまでやってきている場所は、随分ウニの数も正常に戻ってきています。そして前回から、新しく藻場を再生するエリアを選定し、調査しました場所はウニ約6万個ほど漁師と漁協で潰したそうですが、それでもまだまだ沢山います。でも前回潰したことでホンダワラやクロメが出てきているのも発見できて、嬉しい限り。今季はあと4回調査がありますので、来春藻場が増えることに期待したいと思います。
藻場調査のあと、透明度も15mオーバーととても綺麗だったのでポイント開発もしてきました。大人気の「博打礁」の北側エリアを潜ってきましたが、なかなか面白かったですよ!ゴロタの斜面には大き目のテーブル&枝サンゴが群生し、ソラスズメダイやチョウチョウウオが沢山しました。オニヒトデもいましたので、その場で切り刻んでやりました(笑)。そして下に降りていくと、ずっと砂地が広がり、紫や白色のウミエラが沢山いましたよ。こんだけウミエラが多い所は今現在ここがNO.1です。水深も浅いのでビギナーから遊べますし、東側にも西側にも周り込めるので、今後色々と使えそうです。ちなみに今回はカンパチも回遊してきたし、マアジの特大サイズの大群にも遭遇しました。イシモチの群れは周辺のあちこちにいるので、それを狙う回遊魚も期待できるでしょうね。今後また北側も潜りに連れていきますね。   担当スタッフ:勝栄

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です