宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2010年12月3日(金)

◆ポイント:①北浦湾・②須美江湾
◆情報提供者: STAFF 勝栄・ヤス
◆天気:晴れ/最高気温: 15℃
◆水温: 23~22度
◆透明度: 沖18~15m!
◆風の状態: 北西/風の強さ:とても強い
◆海況: 風波あり/海流: なし
◆エンリッチドエア使用: なし
◆活動内容: 藻場調査・モニタリング

★藻場モニタリング!★
◆今日の風は本当に凄かったですね~。皆さん、被害は無かったですか??ちなみにマリンでは、器材洗い場の屋根の一部が強風で割れてしまいました。もちろん海でもビュービューで、うちのルンバルンバ号のアンカーリングが利かないのなんのって・・・。でも、本日はパパさん&ヤスと一緒に北浦エリアのハイの浜と、新しく始まる須美江沖の藻場調査地区の2箇所を調査&モニタリングをしてきました。私たちはモニタリングとして、定点観測で写真を撮ったり、ウニの数を定期的にデータ取りすることが仕事ですが、先日ハイの浜は地元漁師さん約40名で、ウニの一斉駆除を行ったこともあり、ウニの姿が随分減ってましたわー。この成果が来春出ることを祈っています。それで休憩後、新たしく調査して欲しいとの水産課からの要請があり、須美江沖を調査しました。そこの浅瀬は、藻場は全く無かったもののサンゴがたくさん増えていました。地形も面白く、今後はシュノーケリングでも使えるかもです!でも足の踏み場がないほどウニが凄かったです。あれほどあれば、藻場が出来るはずなんてないですよね・・・。ウニも海中生物ですが、沖縄のオニヒトデ同様に異常に増えたことが海中の健在な状態にするのに妨げになっておりますので、可愛そうですがやはり駆除が必要ですね。でもここを駆除をするのって、私は断りたいくらいのウニの量ですわ。環境保護を考えたときに、何が正しくて、何が最も良い結果を生むのかはわかりませんが、やらないよりやった方が後悔が少なくなるので、数年後良い結果になっていることを祈るのみです。   担当スタッフ:勝栄

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です