宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2010年8月27日(金)

◆ポイント: 天神(プール・魚礁・口先)
◆情報提供者: STAFF真由美・宇和田・ヤス
◆天気: 晴れ時々雨/最高気温:31℃
◆水温: 天神29~27度
◆透明度: 天神5~3m
◆風の状態: なし
◆海況:ウネリあり/海流: なし
◆活動内容: ファン1名・レスキュー講習1名 ゲスト計2名
◆写真提供

★超ゼイタク(?)なマンツーダイブ!!★
◆ファンダイブは大分からお越しの方とビーチマンツーマンダイブ!!レスキューの講習で大変なゲストさんをよそに(スミマセン)、ガッツリと楽しみましたよ~(^-)-★。まず一本目は、25日頃から天神ではギンガメアジの若魚の群れが魚礁で見れるので、もう一回ドワーーーーッとした群れを見たくて(私がf^^;)、それにナマコになりきってるカエルアンコウ、カミソリウオ・・・と、まるでスタッフは定点観測のように、でも初延岡の方には群れもマクロもカエルアンコウも楽しんでいただけるように、魚礁から砂地のネジリンボウまで、じっくり見てまわりました。今日は予定通り、ギンガメアジの群れも、カエルアンコウ・カミソリウオも健在!!ネジリンボウは、いつもは1匹でしたが、今日はなんだかとってもやる気がありまして、ペアでガンガンホバーリングをしてまして、しかもちょっと気付いたオスが穴の中に引っ込んだ・・・と思ったらまた出てきて、近くで見ていてもあまり気にすることもなく出てきてました。・・・食事中だったのかな?そして、戻ったらエントリー口にタツノイトコまでいたというおまけも付いてました(^^)v
そして、2本目は口先のニシキフウライウオ狙いで、足を伸ばすことに(^^)。そこでも、イシヨウジ、ネッタイミノカサゴ、ミナミハコフグの幼魚、そして、最近はコブダイの幼魚も同じ場所に健在で、フラフラ泳いでる割に、この場所好きなんだな~という印象です(^^)。そして、口先先端のニシキフウライウオに!黒いオオウミシダの中にいる、クロベースのニシキフウライウオは目にピントがなかなか合わなくて大変(><)。でも一回見ると、その不思議な形と模様、泳ぎ方など、かなり感動します!その後は、キワを戻りつつキッカミノウミウシ、クマノミの威嚇(結構目が怖い^^;)、オドリカクレエビなど見て、テトラの付近では今度はシマアジが私たちの周りに来てダイバーの泡で遊んでる姿も見ることが出来ました(^^)。2ダイブでこれだけたくさん、しかも10m以浅で生物ひとつずつをゆっくり見れる!・・・と、喜んでいただけたかな?・・・しかし!!夕方前くらいから、ウネリがちょっと大きくなってきて、明日潜ることが出来るのか、とっても心配になってきました。・・・みんな、流されなければ良いな・・・ 担当スタッフ:真由美

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です