宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2010年7月18日(日)

◆ポイントボート①船隠し ②オアシスNo.3/天神
◆情報提供者: STAFFヤス・真由美・宇和田・勝栄・水崎・請関
◆天気: 曇り/最高気温:28℃
◆水温:ボート 21~23度/天神22~24度
◆透明度: 5~7m/4~7m
◆風の状態: 東/風の強さ: 弱め
◆海況: ウネリ有り/海流: なし
◆活動内容: ファンダイブ・OWコース ゲスト計26名
◆写真提供: 藤沢様

★幼魚がいっぱい!★
◆連休も終盤。延岡マリンのルンバルンバ2号はフル稼働です! 今日も目いっぱいのゲストを乗せて沖へ行ってきましたよ (^^)
いつも程の群れ具合はなかったものの、それでも キンギョハナダイ、タテジマキンチャクダイyg、ゼブラガニ、ミナミハタタテダイ、メジナ群れ、シマキンチャクフグ、オドリカクレエビ、イソギンチャクモエビなどを見ることができましたよ。 そしてなんといってもオアシスNO.3にたくさんあるテーブルサンゴの上には チョウチョウウオ、トノサマダイ、ヤリカタギ、フタスジ・ミスジリュウキュウスズメダイ、ミツボシクロスズメダイなどの幼魚がたっくさん!! みっつ程覗けば必ず一個体は見つけることが出来ると思います(・∀・) 
 小さい固体ほど好きだという そこのダイバーさん!  オアシスNO・3、自信を持ってオススメします。


★チビチビ群れ群れ・・・笑★

◆昨日に引き続き、広島のグループさんと大分のショップ「タムタム」さんが今日はビーチダイブです(^^)。ビーチではやっぱり「カエルアンコウ」!・・・ですが、今回はプールの中にいた1匹のみ・・・みんなどこに行ったの・・・(TT)でも!生物は色々見れましたよ~(^^)v。いるのがバレると色をカラフルにするハナイカや、パイナップル模様のマツカサウオ、木の枝のようなタツノイトコ、から、サンゴの隙間にジットしていたカスリフサカサゴ、極小オドリカクレエビ&アオサハギ、ミナミハコフグの幼魚・・・とチビチビも色々見れましたし、人懐っこいチョウチョウウオにカゴカキダイやクロホシフエダイなども群れ群れもあちこちで見ることが出来ました(^^)。で、振り返るとクマノミがものすごくこっちを威嚇してる・・・そう!今はどのクマノミも卵を持っているので、親はピリピリモード!進もうとしているその先で、もう威嚇のスタンバイをしている子もいるし、ちょっと近くを通るだけなのに、ダイバーの近くで鼻(?)を膨らまして怒りモード炸裂の子も・・・ダイバーからしたら「人懐っこ~い♥」という感じですが、クマノミにとってはきっと必死なんでしょうね~(^^;)。
今回は雨のお陰でちょっとウエットスーツでは寒かった部分もありましたが、カラフルな魚を多く見る事が出来たので、喜んでくださっていたようでした。・・・早く梅雨が終わらないかな~(^^) 担当スタッフ:真由美

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です