宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2009年7月23日(木)

◆ポイント:ボート:①沖の小島 ②ダブルアーチ/ビーチ:天神
◆情報提供者
:STAFF勝栄・真由美・宇和田
天気:晴れ/気温
33℃
◆水温
:22℃~23℃
◆透明度
:7〜8m
◆風の状態:
風の強さ:弱い
◆海況
:ウネリあり/海流:なし
活動内容
:ファンダイブ・体験ダイブ  ゲスト計6名様
◆写真提供:大田様・平川様

★良さげな沖!?★
◆良いお天気の影響でしょうがボートダイブ・天神両方とも8mほど先まで見え、透明度がグーンとUP!!水温もこの調子で上がっていってほしいです。今日は天神と島浦周辺ポイントでファンダイブ&体験ダイブ!体験ダイビングも島浦周辺のボートポイントで開催したので、ソラスズメなどの熱帯魚の群れも天神とはスケールが違います!!ビーチでは見ることのできない魚もたくさん見れて良かったですね(^^)1本目の沖の小島では、いつも通りソラスズメダイ、キンギョハナダイが瀬にぐっちゃりでしたが、ファンダイブチームは幅が3㎝もあるような大きなモンハナシャコに遭遇!!最初にサンゴの影からシッポだけ見えた時は、ゾウリエビかなにかのシッポに見えるほど最近見た中では一番デカイやつでした!四方から囲み込んでもピクリとも動かない態度もデカイやつでしたよ(^^;いつ見てもあの模様と複眼は独特な凄みがあります。その他、体験ダイブ・チームはカンパチの群れにも遭遇!ニラミギンポ、ゴマチョウチョウウオ、クリアクリーナーシュリンプ、アカマツカサ、キンチャクダイ、アオブダイ、ノコギリハギyg、ニシキウミウシ、オルトマンワラエビ、ガラスハゼなど。2本目に遊んだダブルアーチの北側のアーチでは、出口付近でイシダイ、イシガキダイ、ツノダシ、ハタタテダイ、ニザダイ、ブダイ系、カンパチ、キビナゴの大行列!!洞窟からダイバーを避けて逃げ出すマアジの大群たちもその大行列に驚き、洞窟に向かって急旋回!同じく出口付近に居たダイバーたちのすぐ横をかすめて猛ダッシュで逃げていく時は、シュン!シュン!と音が聞こえそうなほど迫力がありました。天神も至る所にカンパチが出没!久し振りにベニカエルアンコウなども見ることが出来、温かく明るい水中を楽しめたようです(^^)明日は最近見ていないネジリンボウなどを探してみます。   担当スタッフ:宇和田

090723dsd-6_r090723dsd-10_r090723dsd-16_r090723dsd-25_r
imag0116z_r1p1010712_r1imag0138z_r1imag01441z_r1

★ビーチもいい感じに★
◆天神はマンツーマンのファンダイブでしたが、「鼻先はまだ行ったことがない!」ということでしたので、せっかくですから鼻先まで出かけて見ました(^^)。前回のようにカエルアンコウがゴロゴロ・・・というわけにはいきませんでしたが(TT)、鼻先ではサザナミヤッコの若魚が泳いでいたり、ちょっとした洞穴には大きなスジアラやアヤメエビスがたくさん入っていたり、かと思えば洞穴の入り口辺りにはベニカエルアンコウにオキナワベニハゼも見れたり・・・。カンパチはもう鼻先・外堀・魚礁の上とあちこちで小さな群れが見られ、あらゆるところでホンソメワケベラにクリーニングをねだる姿が見られました。鼻先ではとにかく群れも迫力あって、カンパチ・コロダイ・ニセカンランハギ・アオヤガラ・メジナ・クロホシイシモチ・ボラ・・・など、グッチャリと群れてました。(^^)v。そのほかにもミナミハコフグの幼魚やカエルアンコウ(黒)の小振りの子、オドリカクレエビの超チビちゃん、そして今日はエントリー口で小さいアオリイカがキビナゴらしき小さな魚を捕食して持ち去る姿も見ることが出来ました(≧▽≦)v。何回潜ってもまた何らかの貴重な場面に遭遇できるって本当にたのしい!!ちょっと贅沢なダイビングでした(^^)。 担当スタッフ:真由美

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です