宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2009年10月6日(火)

◆ポイント浦城湾(新ポイント!!)
◆情報提供者
:STAFF勝栄・宇和田
天気:曇りのち雨/気温
:26
◆水温
:27℃~25℃
◆透明度
:4~2m
◆風の状態:南東/風の強さ:やや強い
◆海況:GOOD/海流:なし
活動内容:SPI講習・探索ダイブ

★新ポイント!!浦城湾★
◆今日は浦城湾内にある生簀の側でSPI講習と、スタッフのみで新ポイントとしての探索ダイブをしてきました!!時化て天神やパールランド前が潜れないときの奥の手として、いざ調査ッ!透明度は天神や沖のポイントにはかないませんが、期待していたよりもたくさんの生物に出会えただけでなく思いがけないレア生物にも出会えたダイブとなりました(^^)探索チームは、ブイに繋いであるロープ上で昼寝しているアミメハギ・サザナミフグ・クサフグ・アイゴ・カマスの赤ちゃんに遭遇!!特にアミメハギとサザナミフグは数え切れない位会えましたよ(^^)またロープにイソギンチャクがいくつもくっ付き、その上にオシャレカクレエビが乗っかっている様子は異様な光景でした。SPI講習チームは、浦城湾にいるというレアな「サクラハゼ」を探索!目が青くてキレイなハゼだという情報しかなく本物に出会えたのかどうかは不明ですが、天神ではなかなか会えない
サツキハゼ、更にはSTAFF勝栄でさえ初めて見たというアカオビシマハゼ遭遇!!!アカオビシマハゼは体に2本の黒いタテジマのある目のまん丸な小さなハゼです。探索チームが見れなくてとっても悔しかったです(><)その他、お馴染みのチョウチョウウオやカゴカキダイにも会えただけでなく、セグロチョウチョウウオ、スダレチョウチョウウオ、ギンガメアジなどの人気・レア生物にも出会うことが出来ました!!更にムレハタタテダイやイサキの群れに囲まれたり、生簀の中のマアジやマダイの群れも迫力満点(^▽^)スタッフの期待を超えた、なかなか生物種の豊富なポイントでした!今後は時化たときの奥の手ポイントとして序々にオススメする予定です。透明度等のコンディションによりなかなか大勢では潜れませんが、まだスタッフしか潜っていない、ほぼ手付かずな未開拓ポイント!新ポイントに潜ってみたい冒険大好きダイバーにはたまらないポイントかも知れませんね(・u・)   担当スタッフ:宇和田

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です