宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ・2009年10月31日(土)

◆ポイント①ダブルアーチ・②コーラルボミー/天神
◆情報提供者:STAFF勝栄・真由美・宇和田・中原
天気:晴れ/気温:24
◆水温:ボート24℃~23℃/天神23℃~21℃
◆透明度:ボート15m~12m/天神5~3m
◆風の状態西⇒東風の強さ:弱い
◆海況:弱いウネリ有/海流:なし
活動内容:フォトセミナー8名・ファンダイブ6名   ゲスト計14名様

★黒潮が入ってきた~っ!★
◆ボートの勝栄チームは、神戸からのショップツアーにて島浦島へ出かけました。
島毛に行きたかったけどもウネリが残っているので諦めて、ダブルアーチとコーラルボミーで地形派ダイブをしましたが、沖は透明度&水温が上昇してましたよー。時間と共に水中が青くなってきて黒潮が接岸中のようです。透明度は良いところは15m!ずっと透明度が悪かっただけに「待ってました~!!」という感じですね。沖の一押し生物は、ハマチ、アジアコショウダイ、カンパチ、タカベ群、キンメモドキ群、クロホシイシモチ大群、レンテンヤッコ、オルトマンワラエビ、サザナミヤッコ成魚、アカホシカクレエビ、ミナミハコフグ幼魚、ユカタハタ、オオモンハタ、アカハタなどなど・・・。  担当スタッフ:勝栄

★フォトセミナー初日!!★
◆天気も良く絶好のセミナー日和(≧▽≦)b!まずは原田さんに今日の流れとレクチャーを聞いて早速海へ!!初日の今日は8名の参加でしたので、4名×2チームになり、それぞれが撮影しやすい様に2コースに分かれ、1本目と2本目で場所交代をしながら撮影することにしました。真由美チームはまず1本目に、先日見つかったゼブラガニとナマコ大好き・黒のカエルアンコウを交互に撮影。バディが撮っている間は周りのイソギンチャクなどに潜んでいるオドリカクレエビやイソギンチャクモエビなどのマクロ系や、ブサカワイイ(笑)サツマカサゴや、あちこちにいる動き回るクマノミに果敢に挑戦したりしていましたよ(^^)。2本目は魚礁の周りで時間の限り自由に撮影。今、魚礁にある小さなサンゴの上にチョーー小さいハナミノカサゴの幼魚が!!とってもキレイでめちゃめちゃ写真映えするその姿(^^)。ほぼ全員が一度は撮影していたようでした。あとは魚礁の上の方ではソフトコーラルも元気!ワイドで撮るにもイイ感じでした!皆さんが2ダイブ潜る中、水中で原田さんにアドバイスを受けたり、ジックリと思い思いに撮影したりして、写真を始めたばかりの人も、普段からフォトダイブをしているベテランさんも楽しんで撮影しているようでした。 そして、戻ったらフォトコン!それぞれ「今日の1枚」を選んで頂き、その中から「グランプリ(原田さん賞)」と「延岡マリン賞」の2枚を決定!本日はグランプリをCHOさん、マリン賞を眞哲さんがそれぞれ受賞!おめでと〜d(≧▽≦)b!受賞のプレゼントまでもらってニコニコのお二人でした(^^)v。惜しくも受賞できなかった皆さんにも、全員に原田さんの写真をプレゼント!そして、提出してくれた写真の一枚一枚に対して、原田さんが丁寧に講評してくださって、とても充実したフォトセミナーでした。 担当スタッフ:まゆみ
091031after-1_rdsd091103-53_r
dsd091103-41_rdsd091103-39_r

天  気

最高気温

風の状態

海  況

海  流

活動内容


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です