宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

ダイビングログ:2016年5月25日(水)

2016-5-25 月刊ダイバー (34) (650x488)
今日から2日間は、ダイビング専門雑誌「月刊ダイバー」の宮崎特集の延岡取材です。
終日土砂降りで、ウネリはあるわで最悪のコンディションでしたが・・・
水中写真家「古見きゅう」さんを延岡の海にご案内し、人気ポイントを潜ってもらい、延岡ならではの見所や人気生物などを撮影してもらいました!

天  気

最高気温 27℃

風の状態 南東/やや強い

海  況 うねりあり

海  流 ほぼなし

活動内容 取材ダイブ

ボート:水中写真家「古見きゅう」さんとダイブ!

ポイント①バクチバエ西・ ②野坂(オオスリバチサンゴ群)・ ③オアシスNo.1 ・④天神ビーチ 報告者

スタッフ勝栄
水温22~19℃
透明度5~10m

ウネリと濁りがありましたが、初日は4ヶ所潜ることになり・・・
まずは延岡ならではとしてやはり「オオスリバチサンゴ群」も撮影してもらいました!!
2016-5-25 月刊ダイバー (31) (650x488)
2016-5-25 月刊ダイバー (46) (650x488)

オアシスにも潜って、約100種類のハードコーラル畑も楽しんでもらいました!
2016-5-25 月刊ダイバー (70) (650x488) 2016-5-25 月刊ダイバー (78) (650x488) 2016-5-25 月刊ダイバー (91) (650x488)

オアシスでラッキーなことに・・・、キビナゴ大群の大産卵に遭遇しました!!
きゅうさんは、暫くこの産卵シーンを撮影してましたわ。
2016-5-25 月刊ダイバー (61) (650x488) 2016-5-25 月刊ダイバー (64) (650x488)

この他、クダゴンベ、アカオビハナダイ、カエルアンコウ3種類8個体、ネンブツダイ大群、ハナミノカサゴ、テングチョウチョウウオ、オルトマンワラエビ、カゴカキダイ大群、カンパチ、ウミテング7個体、ハナガサクラゲ、サンゴダツ2個体なども撮影してもらいました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です