宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

南浦の藻場調査!


今日は天神ではない場所でダイビングしてきました。
先日は北浦地区での藻場調査でしたが、本日は延岡市の水産課と浦城漁協と一緒に安井地区の藻場調査をしてきました。
”安井”というと、島毛ダイブをする際に休憩で立ち寄る港です。
北浦に引き続き、南浦エリアでの藻場調査も始まるということで、モニタリングをする場所の選定するために潜りました。
場所によりますが、前回調査した北浦エリアに比べると藻場が出来ています。


藻場が現在ある場所とない場所は、はっきりと分かれておりましたわ。
やはりウニが多くに目に入るエリアには藻は少なく、藻が多く生息しているエリアにはウニもいるものの、石の下に入っていたりして健全な状態です。


作業中に嬉しいことを発見!
延岡エリア全体でサンゴの子供が多くなっていますが、この安井エリアにも港内からサンゴが多くなってました。
以前は、”全く・・・”と言って良いほどサンゴの姿を見ませんでしたが、これも「温暖化の恵み」なんでしょうかね~(^^;
あと10年後は、他のエリアのサンゴがなくなっている可能性が高い中、その代わりにきっとこのエリアにはサンゴが増えているのだと思います。
まあ、とは言っても今日のこの場所はダイビングポイントではないんですけどね!f(^^;


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です