宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

オオスリバチサンゴが危ない!

2008091715035401-20080911182651.jpg

先日、パパさん&真由美が担当で調査したオオスリバチサンゴの特集が、今晩MRTで流れました。南郷を始め、柏島などの各地でオオスリバチサンゴが弱っているそうです。「ホワイトシンドローム」という、ウィルスなどが原因でサンゴの一部や全体が死んで白くなっているそうです。馴染みのある「白化現象」は水温の異常な上昇により、サンゴ内の褐虫藻が逃げ出し、弱ってやがて死んで白化していく現象ですが、それとは違うんですって・・・。もともとここ数年で弱り方が酷い延岡にある日本一のオオスリバチサンゴも確認に行ったら、ななんと数ヶ月前に比べてさらに外的要因で粉々にサンゴが壊れたりしていました。もちろんここのサンゴもホワイトシンドロームが見つかりました。もうかなり危ないです!このままだと、さらに壊れてなくなってくるし、長く持たない可能性大です。延岡の関係行政にもずっと動きをかけていますが、回答や協力も得られないまま時が過ぎています。数百年掛けてできたこの立派な宝物をここ数年でなくしていいものでしょうか?今、我々に出来ることをやるしかないですが、何か手を打たねばもうあのオオスリバチサンゴはなくなってしまいます。皆さん、今後何かと協力を求めるとおもいますが、お力と知恵を貸してください。私達スタッフも一生懸命に頑張ります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です