宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

妊夫のサンゴダツ!

2016-6-11 morishita (26) (650x488)
▲Photo By  Taisuke Morishita(2016/6/10)

科名ヨウジウオ科 体長約7cm 発見者森下泰介さま
発見ポイント 天神ビーチ(口先)
よく出現するポイント 天神ビーチ、ビッグボミー、コーラルボミー など
探し方のコツ

天神ビーチでは、砂地によくいます。
そして、海底の海草類やヤギなどに尾を巻き付けてゆらゆらと擬態していますので、探し当てるつもりで探さないと目に入りにくいですので要チェック。

生物うんちく

もうお腹がパンパンになって、はち切れそうなサンゴダツのオスです。
タツノオトシゴの仲間は、オスの育児嚢にメスが渡して、生まれるまでオスが卵を守ります。
写真の下腹の膨らみがそうです。
もうそろそろだと思うので、次の大潮あたりに生み出すのではないかと期待しています。
沢山産んでもらって、これからも沢山楽しませてもらいたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です