宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

GW タイ・タオ島ツアー2010後記!

★タイ・タオ島ジンベエ狙いツアー後記 2010/4/29~5/4(5泊6日)

◆2010年のGWは、「今年こそ・・・!」とジンベエザメを狙って、長年希望しているNMSメンバーさんを含む計7名で、昨年視察したタイの『タオ島』へ行ってきました!!
当初、バンコクエアーウェイズ利用のバンコク経由の予定でしたが、3月頃から反政府デモが勃発し、日本人カメラマンを含む死者がでるほどになってしまったことで、私たち引率側としてはツアー先まで変更する話までしていました。
この事件により家族の反対がありキャンセルする方も数名出たなかで、「タイには本当に困ったもんだ・・・」と各旅行会社と協議を重ねて、全く問題ない「シンガポール経由便」を頑張って人数分取ってもらい、現地ではバンコクの騒ぎがウソのようにタオ島は穏やかで、何もなく思いっきり潜りまくって無事帰国しました。

■参加者: 塚っさん、ラタさん、長さん、幸ちゃん、アッコちゃん、おーちゃん
■担当スタッフ: 高橋勝栄
■写真提供: 長さん、幸ちゃん、アッコちゃん、おーちゃん

———————————————————————————————————–

【1日目:福岡 ⇒ シンガポール ⇒ サムイ島へ】

▲福岡からはシンガポール経由でタイのサムイ島へ飛びます。
バンコクにはまったく寄らないので安心! しかも何たって世界No.1サービスとして人気の高い航空会社『シンガポール・エアーライン』なので、客室乗務員の制服がおしゃれで可愛い上に、皆スレンダーでモデル並みでキレイ・・・。
各席ごとにモニターが付いていてゲームや音楽の他に、新作を含む映画が30本くらいあり、食事もアイス付きで充実しているし、ちょうどこの機種から新型シートとなっており、シートのリクライニングが心地よく、長い機内も快適でしたよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

▲まずシンガポールへ到着!シンガポールの空港はキレイで、めっちゃ広い!
各ターミナルに移動する為に写真の様にモノレールを使います。

▲トランジットの間、ビール~♪ ビール♪・・・と空港内にステキなBARを見つけて、早速皆で乾杯です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


▲そして今度はバンコクエアーウェイズで「サムイ島」へ飛びました。
サムイ島に到着するのが遅かったので、そのままホテルへ直行し、ゆっくりしました。

——————–—————————————————————————————–
【2日目:サムイ島⇒タオ島へ】

▲早朝より、タオ島へ行く高速船に乗り込んで約2時間で『タオ島』へ到着!
タオ島の港は、ヨーロピアンを含む世界各地の人が集まっていて、変わらずとても活気がありました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

《今回ステイした豪華なリゾートホテル》

▲港に到着後、送迎車にてステイするタオ島No.1のリゾートホテル『KO TAO RESORT PARADAICE ZONE』へ、チェックイン・・・。

▲高台にあるのですが、とても見晴らしがよくて、しかもプール付きです!

▲今回のお部屋はオーシャンビュータイプで、部屋も広いし、トイレ&洗面台もキレイで、ベランダには海が一望できるオーシャンバスが付いてました!

▲部屋を含め、ホテルからの眺めは最高です! 天気にもずっと恵まれたし、目の前に広がる「タイ湾」はとてもキレイでした。
あっそうそう、部屋のベランダから『
UFO?』らしきものを見ました。ねっ!参加した皆さん・・・?(爆笑)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆さあ!タオ島でのファンダイブ!

◆さて、午後からいよいよお楽しみのタオ島でのダイビングがスタートです!
タオ島での基本的なダイビングスタイルは、午前2ダイブ+午後2ダイブなのですが、写真のように30名~50名乗れるビッグボートでポイントへ移動したり、休憩します。

 
★ダイブ1: タオ島・ホワイトロック

■透明度:15~10m/■水温:32℃
▲今年のGWのファーストダイブは、体慣らしダイブではあるものの、今回の参加者はベテラン揃いだったこともあり、いきなりジンベエも出る可能性のあるホワイトロックへ。 根頭が名の通り白いんですが、「もしかして1ダイブ目で出たりして・・・」なんてワクワクしながらエントリー。 そして海中に入ってビックリしたのが水温がぬるい・・・、いや暑い!! ダイコンみたら、なんと32度!! 薄めのボディスーツで十分でしたわ。 魚影が濃いし、一面のカラフルなイバラカンザシ畑、そして1ダイブ目からいきなりシェベロンバラクーダの大群に囲まれたり、マダラエイ、アカククリ、チョウチョウコショウダイ若魚、ワヌケヤッコなどを見て幸先良いスタートでした。

★ダイブ2:タオ島・マンゴーベイ

■透明度:15~12m/■水温:32℃
▲そして2本目はギンガハゼ&ウミウシ、そしてホソヒラアジ大群を狙ってマンゴーベイへ! 前回の視察ツアー時も潜ったポイントですが、とっても濁ってたんですが、今回はまあまあの透明度・・・。だから前回より、この大群がとっても凄く感じましたね。通常はイワシの大群もいるそうですが、これだけでも言うこと無しです。後半は少々飽きましたが、それまでに散々囲まれたり、群れに突進したり、写真を撮りまくってて、皆さんご満悦! 初日の体慣らしは十分に終わり、2日目からはガンガンとジンベエ狙いで外洋ダイブにGO~!
——————–—————————————————————————————–

【3日目:タオ島】
★ダイブ3:
セイルロック

■透明度:15m/■水温:32℃
▲ダイビング2日目はスペシャルトリップ! 「ジン君」を求めてタオ島から離れたタオ湾にポツンと浮かぶ「セイルロック」へ。 のんびりなビッグボートの為に、片道2時間弱のトリップなのですが、でもやはり行った甲斐があるほどのポイント! とにかく辺り一面に魚・魚・魚!! ジン君は横にある離れ根に出没することが多いとのことで、胸を躍らせながら移動しましたが・・・、結果はNO! でもキンセンフエダイやギンガメアジの大群に、シェベロンバラクーダやピンクハンドルバラクーダ、イエローバックフュージュラーが凄く群れてるし、ツバメウオの大群で見ました。地形も楽しめるポイントで縦穴があるし、ソフトコーラルもたくさん付いてて、なかなかのダイビングでした。

ダイブ4:セイルロック

■透明度:15~18m/■水温:32℃
▲希望を捨てない私達・・・。2ダイブ目ももちろんキョロキョロ! しかも他のグループが見るかもしれないので、ダイビングベルがどこかでなっていないかを耳を澄ましながら潜っていました。1本目同様に、魚はわんさか! 1本目に見た魚群の他、オオクチイケガツオやヨコシマサワラ、そしてヤイトハタやアカマダラハタなどの超大物も登場! そしてゴルゴニアンシュリンプやハシナガチョウチョウウオ、ワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ、ツキチョウチョウウオ群などの人気生物もウハウハで、またしてもジン君には会えませんでしたが、魚群&大物&小物も充実したダイブでした。

★ダイブ5:サウスウエストピナクル

■透明度:15~7m/■水温:32~30℃
▲セイルロックに並ぶ大物&ジンベエポイントのここ! ジン君の登場は残念ながらなかったものの、根の下に集まっているホソヒラアジ&キンセンフエダイの大群が、もう凄いのひとこと・・・!! 前が見えないくらいの塊で、さすがのパラオやモルディブでもなかなかないと思えるほどです。しかもここの売りのひとつが根頭を覆いつくすイソギンチャク畑・・・。そこにはタオ島名物?と言っても良いほどのハナビラクマノミだらけ・・・! もう一生分のハナビラクマノミを見てきました。その他、アカオビハナダイも可愛かったです。

—————–—————————————————————————————–
【4日目:タオ島】
★ダイブ6:
チュンポンピナクル

■透明度:25~20m/■水温:32~29℃
▲ 本日でタオ島でのダイビングは終了ですが、もちろんラストも狙いは「ジン君」のみ??(笑) 午前中は外洋2ダイブで「チュンポンピナクル」へ! これでジン君を狙うタオ島3大ジンベエポイントを制覇したことになります。 そして嬉しいことに、チュンポンの透明度は今回のツアー中、もっとも良くて25mオーバー! キンセンフエダイやホソヒラアジの大群に、珍しいオニアジ大群やオオクチイケガツオなどたっくさんの魚影の中に、体長1Mオーバーのヤイトハタがドーンっと。まったく逃げもしない・・・、とにかくデカかったです。

★ダイブ7:チュンポンピナクル

■透明度:25~20m/■水温:32~29℃
▲1本目のチュンポンで、コバンザメもウロウロしていたし、潮も程よく流れているし、出そうな予感が何回も過ぎった。 2本目には他船のダイバー達が帰って少なくなっているし、ここで「ジン君」出たら最高!っと、ひたすら回りをキョロキョロしっぱなしでしたが、結果としてジン君は出てくれず残念・・・。でもでも1本目から見れた魚群のほかにも、「シェベロンバラクーダ大群」やコバンアジなども見れて、楽しい外洋ダイブでした。

★ダイブ8:タオ島・ツインズ

■透明度:15~13m/■水温:32~31℃
▲一度港に戻り、タイ料理「カオマンガイ」でランチした後に、癒し系ポイントに切り替えて潜りました。 ナンユアン島の眺めがキレイで、海中にはカメやイグアナ(?)などのオブジェがある面白いロケーションでしたが、オオウミウマやトウアカクマノミを始め、ワカヨウジ、アオマダラウミヘビ、ヒシガ二、コモンヤドカリ、ツバメウオなどの人気物が次々に見れるポイントでした。

★ダイブ9:タオ島・スリーロック

■透明度:5m/■水温:32℃
▲ そしてタオ島ラストダイブは、まったりのんびり・・・。っが!!透明度が悪すぎでした(笑)。他のダイバーが次々に入るので、正直ニゴニゴで天神の悪い時と変わりませんでしたが、クリーナーパイプフィッシュやオビイシヨウジなどの劇レア生物を筆頭に、ブルースポッテッドスティグレイ、ギンガハゼ(黒&黄色・ペア)、ヒトヅラハリセンボン、ネズミフグ、モヨウフグ(体長約70cm)、ヒブサミノウミウシなどを、逸れることなくジックリ観察して楽しいタオ島ダイビングを終えました!

《その他、今回のタオ島で出逢えた生き物たち》














——————–—————————————————————————————–

【ツアー中の記念ダイブ】

▲平田さん
祝1050ダイブ記念
!!
◆スタートで出遅れたラタさんでしたが後半は巻き返しをし、予定通り記念ダイブを迎えることが出来て、今回も「ログタンク」をプレゼント出来て、正直ホッとしております。

——————–—————————————————————————————–
 
【5~6日目:タオ島 ⇒ サムイ島 ⇒ シンガポール ⇒ 福岡 ⇒ 延岡へ】

▲ホテルで最後の朝食を食べて、込み合うのを予測して少し早めにチケットを購入・・・。
ここで込み合う人ゴミの中で、チケットを落としてなくす・・・というアクシデントがありましたが、つたない英会話でその場を切り抜け、サムイ島行きの高速船に乗りました。
サムイ島に到着すると送迎車がスタンバイしており、我々一同をお土産のためのショッピング&タイ式マッサージで疲れを癒して、空港へ!昨年の視察ツアーでも思いましたが、やはりサムイ空港は想像より遥かに近代的ですよ!!マジで・・・。
特にトイレが凄いっすよ!!出発ロビーですが、男性トイレはもちろん、女性トイレにも水槽があるそうですよ。
サムイ島へ行くことがあったら、是非トイレを覗いて見て下さいね。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

▲サムイ空港に到着し、搭乗手続きをしようとしたところ、思いもよらない場面で「バッケージ・ウエイトオーバー!」・・・と。「はぁ~??」と係員にくってかかって、「マイレージ登録などで免除ありのはず・・・」と説明しても分かってもらえないので、旅行会社に連絡を取って問題解決に・・・!
海外で使える携帯電話持ってて良かった~v(^^)v 荷物のオーバーチャージを取られなくて済みましたわ。海外旅行でなくてもよくあることなので、皆さんお気をつけくださいね。


▲手続き終わってそこそこの広さの空港内を時間までそれぞれ探索・・・。
その後は、シンガポール行きの飛行機が遅れたこともあり、言うまでもなく、サムイ空港でビールで最後の乾杯をしました(笑)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


▲ シンガポール空港でのトランジットの間・・・。空港内ではショッピングは出来るだけでなく、映画が見れたり、無料でネットを見れたり、シャワーまで浴びれるんで、本当に快適な空港ですよー!
そして、レストランも充実しているんですが、「ラーメン食いたいね~」との私の一言に、Tさんが「そういえば、味千ラーメンは海外進出しているはずよ~」→「マジ?へえ~!?そうなんだ!」なんて話してたら、そんな中でありました!はい、そうです・・・これがその時のとんこつラーメン!! とっても美味く感じました・・・(笑)。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
◆福岡に到着!


▲やっぱり日本食はええですねぇ~! 福岡に朝着いてからマリン車で延岡へ向けて帰る途中に、由布院の「夢想苑」の由布岳を望む大露天風呂で温泉に浸かって疲れを取り、その後別府へ移動し、勝栄オススメの「鮪尽くしちらし」を食べに行きました!!
最近は海外旅行のシメに、ここで美味しいものを食べて帰る・・・というのが、恒例化しつつありますが、今回は鮪の「竜田揚げ」や「しそ巻き揚げ」も一緒に注文し、温泉&日本食という日本の文化の素晴らしさを、改めて感じて終了しました。

——————–—————————————————————————————-
【最後に・・・】

◆GWタオ島ジンベエ狙いツアー2010に参加者した皆様、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございましたm(__)m
ジンベエに会えなかったのは残念でしたが、タオ島No.1のステキなリゾートホテルにステイし、夜景を見たり、プールで遊んだりしてリゾート気分を満喫しましたね。
またプールタイ式マッサージも堪能し、さらにゲスト間が助け合い、しっかりとした「絆」が生まれた思い出深いツアーとなりましたね!
さて、今回の合言葉は『つ●だ怪獣』『バタフライ王子』『大王&子大王』ってところで・・・、思いっきり笑いましたね・・・(爆笑)

◆今回お世話になった現地サービス「Buddha Vier Dive Resort」の友美さん&朋君を始めとするスタッフの皆様、本当にありがとうございました!
GWの込み合う時季にも係わらず、細かい気配りとショップツアーのメリットも随分と出して頂いたことに、まず感謝です!
今回「ジンベエザメに会う為に来た・・・」という私たちのワガママに合わせて、3日間で合計9ダイブ中6ダイブがジンベエトリップというスペシャルダイブ企画までして頂いたのに、お目当てのジンベエには会え無かったことが、とても残念ですが、言い方を帰ればこれだけ狙って会えなかったのは、この海域にジンベエは居なかった・・・と言う訳なんで仕方ないのですね・・・。
その分また絶対リベンジをしたいと誓いましたので、その時もお世話になりますので、どうか宜しくお願い致します。


3 thoughts on “GW タイ・タオ島ツアー2010後記!”

  1. tsuka より:

    お疲れ~っす! 皆さん、カッチャン、お世話になりました。
    今回、もう年(もうすぐ50才)だなと反省しきりのツアーでした。

    *切符紛失 *フィンのストラップ切断 *レギュレターの忘れ物 
    *ハードケースのキャスター破壊 *エアー残量ゼロ、そして足がツル 
    *小倉で下車 *ヤクザ? *BCのオーバーフロー *新指し棒すぐ紛失等

    たぶん、来年のGWは要介護状態?
    カッチャン、お世話してね!

  2. 延岡マリン より:

    tsuka さんへ
    かっちゃんです。 ツアーお疲れ様でした!
    今回のツアーは同部屋で、とっても楽しくGW中を過ごさせてもらいました。
    まだまだ年ではありません(笑) まだまだ行けます!
    また、来年もご一緒しましょうね。

  3. らた子 より:

    同じ年?の「バタフライ王子」へ

    うーん、わかるわかる。
    よーくわかります。
    私も今回のツアーで要介護でしたからねー。
    こんな時、一緒にツアーに参加している人の有難味がわかりますよね。
    でも、みんなお互い様だと思いますよ。
    みんなでカバーしたりされたりしながら、これからも楽しく潜っていきましょう。

    正露丸ありがとうございました。
    かなり効いて、別府では定食を完食!しました。
    おかげ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です