宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

8月 西表島オガンツアー2011後記!

★西表島オガンツアー後記 2011/8/17~20(3泊4日)★

◆今年2度目の西表島ツアー! 今回はGWに行けなかった超1級ポイント「オガン」を狙う予定で、AOW以上+100ダイブ以上のダイバーさんの特設で企画しました。 リクエストとなるこの第2弾ツアーはお盆は延岡も忙しいので、少しズラしてスケジュールを組みましたが、それが大正解。 それまでは台風や気圧配置の関係でいまいちだったという西表島のコンディションが、私たちが西表入りした日から絶好の天気&海況となってくれました。 もちろんお目当ての「オガン」はもちろん、掟破りの日本最南端「波照間島」まで遠征することができ、大・大・大満足のツアーとなりました。(※GWに西表島ツアーに参加された皆さん、申し訳ないですm(__)m)


■参加者: ラタさん、彰ちゃん、おーちゃん、祥子さん、ミッチー
■担当スタッフ: 高橋勝栄
■写真提供: エコヴィレッジさん、おーちゃん、スタッフ勝栄 ■文: スタッフ勝栄

——————–—————————————————————————————–
【ツアー1日目】

◆先発隊は15日から西表島入りし、すでに8ダイブを済ませており、17日からの入る我々後発隊をお出迎え! 那覇空港までは順調だった私たち後発隊でしたが、那覇空港で離陸待ちとなり、その遅延により石垣島離島ターミナルからの高速船に乗り遅れ、1時間遅れで西表に入りましたが、この日西表島は快晴で、海況も良好でしたv(^^)v

★ダイブ1: 西表島・テグリン家 ■透明度:7~5m/■水温:29~28℃


▲港に現地サービスのジローさんにお迎え頂き、そのまま到着ダイブへ! まずはニシキテグリとマンジュウイシモチに会いに「テグリン家」に連れて行ってもらいました。 透明度は延岡と変わりませんが、浅いので、エアーを気にせずジックリ潜れます。砂地にはギンガハゼがあちこちにいます。またサンゴの周りにはテンジクダイの仲間がぐっちゃり! 中を探していくと、お目当てのニシキテグリやマンジュウイシモチにご対面・・・。ニシキテグリは合計5個体会いましたよ。その他、オイランヨウジ、ヒレナガハギ幼魚、ウズマキチョウチョウウオ幼魚、チリメンヤッコなども見れて、幸先よいスタートとなりました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

《リゾート気分、味わってます!》

▲毎回お世話になる「エコヴィレッジ」は、本当にロケーションが最高です! バリから集めてきた本場の家具も雰囲気を出し、最高のリゾート気分を満喫できます。・・・といっても、私はこれまで数回の西表島ツアーを担当しながらも、これまではスタッフルームだったので、おハズカシながら初めてヴィラに泊まらせてもらいました。2階部屋からのオーシャンビューは実に気持ち良く、今回は特に天気&海況が良いだけにいうことなしでした、ハイ・・・。 ヴィラ最高です
v(^^)v

——————–—————————————————————————————–
【ツアー2日目】

◆ツアー2日目、出港すると波がひとつもないほど、今までにないほどのベタ凪・・・! ボート上から見る透明度も過去最高です。 これならば・・・と期待に胸を躍らせ、ボートを走らせて行きます。
天気も良く、空気も澄んでいるからからか・・・、お目当てのオガンがめっちゃ近くに感じる・・・。一同はワクワクドキドキです。 時間と共にオガンが近くなっていきます・・・、んっ??途中からボートの進む方向が変わっていく・・・。 そしてその方向の遥か彼方には・・・、そうです!日本最南端の「波照間島」が・・・っ!! 完全に掟破りの①波照間島ダイブ→②オガンへ! こんな贅沢ってあるでしょうか!(笑)

★ダイブ2: 波照間島・キンメトライアングル
■透明度:40m/■水温:29~27℃


▲やってきましたぁ~!日本最南端の島・・・。そこには本当に驚くほど、澄み切った青い世界が広がっています。”波照間ブルー”という言葉があるほど、周辺の島々には適わないほどクリアな透明度がある海です。私も約8年ぶり!とにかく、飛び込んで水中を覗いて途端、めっちゃ感動しますよ。今回も透明度は40mオーバーです。キンメモドキ&スカシテンジクダイ大群、グルクン、特大のイソギンチャクエビのペア、アカシマシラヒゲエビ、ウメイロモドキ、オイランヨウジ、フタスジリュウキュウスズメダイ群、カクレクマノミ、ハマクマノミ、カスミアジ、アオチビキなどもいましたが、魚がどうのこうの・・・とかいうより、この青さを楽しむダイビングです。本当に最高でした。

★ダイブ3: 仲の神島・東の根 ■透明度:30m/■水温:28~27℃


▲波照間島で散々ボートからも記念写真を撮影してから、今度は掟破りのオガンを目指します! ボートが近づくにつれて、無人島のオガンに何度見ても圧倒されます。丁度、ジローさんの読み通り、潮も程よい感じで潮待ちすることもなく、すぐに潜ることができました。東の根はそのダイナミックな岩礁だけでも感動しますが、そこには大型のイソマグロ群や無数のウメイロモドキ&グルクンの大群、ボウズハギ、テングハギモドキ、アカマダラハタ、ナポレオン、キンギョハナダイ大群、アカネハナゴイ大群、ナンヨウハギ、カスミアジ、サザナミヤッコ、タテキンなどなど、沢山の魚に圧倒・・・。ロウニンアジまで見た人もいましたわ。なかなか潜れないビッグスポットなので、潜れただけでもラッキーでした。 3泊4日で、しかも3本目でオガン・・・。そりゃ、怒るダイバーさんいるわな・・・f(^^;

★ダイブ4: 仲の神島・三の根 ■透明度:30~25m/■水温:28~27℃


▲そしてそして・・・、今回は特別?・・・というか今後ありえないほどついている私たち・・・。経験本数が4桁を越えるダイバー3名を含み、さらに参加者が皆3桁ダイバーという精鋭メンバーということもあり、なんとなんと今度はこれまた超・超1級ポイントの「三の根」にまで、アタック!!ジローさんホントにありがとねー。ここは以前から話には聞いてたけど、私でさえも初めてのアタックとなるポイントです。まず入る前に”バラクーダの群れが見えます!”・・・と嬉しいお言葉・・・。皆、胸を躍らせ潮待ちをしているがなかなか弱くならない。潮汐の時間からするとそろそろ・・・なのだが、そうは簡単に潜らせてはもらえない。でもバラクーダがいなくなるのも・・・と一同、流れの中を潜降ロープにつかまり、強行策です。 正直、”鯉のぼり”状態で水底に進んでいきましたが、まさにロッククライミングをやっているかのようでした。潜降してすぐにバラクーダは姿を消しましたが、小さなナポレオンやカスミアジ、タテキン、モンガラカワハギ、ハマフエフキ、アカククリなどがお出迎え。まあ、ぶっちゃけ、ゆっくり魚を見る余裕などないほどの激流で、魚も岩影に隠れているほどで少し早めに浮上となりましたが、でも10年通っても潜れなかったダイバーさんもいるこんな幻ポイントに3泊4日プランで予定通りに潜れた事自体で喜ばねばなりませんね。

——————–—————————————————————————————–
【ツアー3日目】

◆そしてツアー3日目も、そうオガンを狙います! 過去にも初めてとなりますが、2日間続けてオガンダイブというマジに贅沢なツアーとなりました。 3日目もベタ凪で、良く晴れ渡っています。 この日の1ダイブ目は三の根を再度狙う予定でしたが、またもや流れが速すぎで後回しにしてポイントを西のスポットへ切り替え、このツアーのメインイベントの「ラタさん勤続30周年」を先にやることにしました・・・。

★ダイブ5: 仲の神島・西のスポット ■透明度:40m/■水温:29~27℃


▲ボートを停泊し、海面をみると波照間にも負けないほど青い世界が広がってました。大興奮の中、透明度40mという驚異的なクリアな海中を満面の笑みで泳いでいく一同・・・。白い砂地がキレイで水中に居ることさえも忘れてしまいそうなほど・・・です。少し進むと、小さなトンネルとクレパス(峡水路)をくぐると、さらに奥に続くクレパスが!! そこにはスポットライトのような青い太陽光が差し込み、本当に神秘的で見ているだけで癒されてしまいました。その後も神秘的なシーンを楽しみながら、トンネル→クレパス→トンネル・・・と地形を楽しんだあと、人気生物の「モンツキカエルウオ」ともご対面! カスミアジやゼブラハゼ、そしてクロユリハゼ、カスリフサカサゴ、シマハギ、カンムリベラ幼魚、チョウチョウウオ各種などを見た後に・・・、そうそう♪ ラタさんへサプライズプレゼント!
! 水中でみんなで盛大にお祝いしてあげました。まずエコヴィレッジTシャツを購入し、仲間と現地スタッフに事前に寄せ書きをいれてもらい、それを着せてオガンダイブ・・・。しかもラストボート下に戻ったところで、水中で”おめでとう”メッセージ! イソマグロも合計40匹もお祝いに駆けつけてくれたし、意表をつくプレゼントに大喜びのラタさん見て、私たちもご満悦となったダイブでした。
★ダイブ6: 仲の神島・三の根 ■透明度:40~35m/■水温:29~27℃


▲今ツアーのメインでもあるお祝いも無事に成功し、一同はご満悦です。その後、暫し休憩した後、またもやビッグスポットへリベンジです。ここに船を走らせるだけでもかなりの距離あるのに、私たちのために本当にこれでもか!これでもか!と良くしてくれて、心から”感謝・感謝”です。 相変わらず、透明度は抜群ですが流れは2日目と変わらないほど・・・。 でもとりあえず、また水中ロッククライミングをしながら潜降。ボウズハギやテングハギモドキの群れ、シテンヤッコ、アヤコショウダイ、アジアコショウダイ、魚は沢山いるものの、またもや岩陰に隠れていました。 小さなイソマグロやカスミアジは流れの中をヒューーンって通り過ぎるけど写真も撮れない感じです。もちろん通常よりエアーも早くなくなってしまうので、今回も最後は気持ちよくドリフトダイブしなら、アカモンガラ群れやホワイトチップシャーク、ナポレオンなどをみながら早めの浮上。でもでも、本当にこんな大海原の中にポツンとあるこの隠れ根を、よくぞ探し当てたものですよね~と感心するほどでした。
★ダイブ7: 仲の神島・三の根 ■透明度:35~30m/■水温:29~27℃


▲そしてそしてラストダイブです。 ボートで休憩している間、広いこの三の根のメイン箇所をひとつひとつ確認してくれるガイドのジローさんと千晴ちゃん・・・。この手間を掛けてくれて、最後の最後まで粘ってくれたお陰で、最後の最後に劇的なシーンに遭遇できた私たち!! 流れはまだ残っていたものの、潜降してすぐにイソマグロとカスミアジの群れが前を横切り、カンカン♪とタンクを鳴らす音が響き渡ります。幸先良いです。そしてそしてその後、大きな根を廻った瞬間、大きな魚の影が群れとなっているのが目に飛び込んできました。そうなんです!イソマグロの群れがなんとトルネードしてました。大きな個体は1.5mを越えており悠々とカッコよく泳いでいます。大きいからか、私たちダイバー集団がカメラを構えて近く居るというのに逃げることもなく、暫くの間大感動シーンを楽しむことが出来ました。本当に皆、大感動です。その後も、別のイソマグロの群れに遭遇したり、ウメイロモドキ群れ、アヤコショウダイ、アカククリ、ナンヨウナギ、アカモンガラなども見ながら、最後の最後に満塁ホームラン的な凄い感動的な大演出に一同がオガンにハマってしまいましたね。 あの時、ジローさんが諦めていれば、この劇的シーンにはお目にかかれなかった訳だし、”一期一会”・・・とはこのことですよね。 オガンは本当に最高です、来て良かったです。
そして最高だった3日間のダイビングを終えた私たちは、事前に準備していたガンガンに冷えたビールを持って、船上で声を高々にカンパイをして気持ちよく航行を楽しみました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

《ラタさん勤続30周年のサプライズプレゼント!》



▲そしてまだまだ終わりませんぜ! 勤続30周年を成し遂げたラタさんには、打ち上げでもお祝いをしよう!とサプライズプレゼントを企画し、全てをラタさんには気付かれないように準備・・・。 ! 昼間のサプライズにも、かなりウルっとしてたラタさんですが、これだけでは終わりません。打ち上げには”おめでとうケーキ”+ツアー中の写真をいれた”思い出アルバム”をプレゼント~!! マジにこれは良かった~♪ 「いい仲間、いい出会い」というPADIの合言葉がありますが、そう思えるほど、仲間からの思いもがけないプレゼントにラタさんも喜んでくれました。めでたし、めでたし!! ラタさん、本当におめでとうございます。これからも頑張って下さいね。

——————–—————————————————————————————–
《その他、楽しかった西表島でのワンシーン!》













▲写真を見ると色濃く思い出せるほど、最高じゃったこのツアー・・・!v(^^)v 

——————–—————————————————————————————–
【ツアー4日目】

◆最終日も天気も良好で、最後の最後まで恵まれたツアーとなりました。 帰る身支度を済ませた私たちは、エコヴィレッジのスタッフの皆さんにお礼を言ってお別れし、今回はカヌーなどのアクティビティはせずに、少し早めに石垣島へ。 石垣島到着と同時に自由時間として、各自ショッピングTIME! 私とミッチーのお楽しみは、前回教えてもらってハマってしまった”石垣牛バーガー”。お昼にみんなで集結し、ランチでしっかり頂きました。 他のみんなはおススメのアボガド&わさびソースのバーガーでしたが、私だけは新作のパパイヤソースのスペシャルバーガーと生ビールでした。 言うまでもなく”まいう~”でしたよー。
今回はグルメ写真がありませんが、言うまでもなく西表島名物?のマンゴー生ジュースや外食などもして、しっかりご当地グルメもしっかりしちゃって楽しんできましたよ! v(^^)v

——————–—————————————————————————————-
【最後に・・・】

◆ツアー参加された皆さん、波照間島の抜群の透明度・・・に、どでかいイソマグロ群のトルネード・・・、オガンの豪快な地形・・・、そしてボート上でのカキ氷やビールで乾杯!・・・などなど、ホントにホントに大当たり!! 今回は言うこと無しの、マリンツアーの歴史に大きく残るほど最高のツアーとなりましたね~! 小物や人気種、そしてマンタやサンゴを狙う西表もいいけど、オガンはやはりスゲぇ~!そして最高~!!また早く行きたいっすね。
さあ、今回のツアーの合言葉は「掟破り!」、「勤続30周年!」、「この手、一回●●●円!」、「信用がない・・・」、「いい仲間、いい出会い」・・・と色々ありましたが、ツアー後記を見ながら、最高の3泊4日間を思い出してくださいね~♪ ありがとうございました!

◆そして毎回西表島ツアーでお世話になっている「エコヴィレッジ」のジローさん&千晴ちゃんを始め、スタッフの皆さま、今回も大変・大変お世話になりました! 今回は今まで以上に大・大・大満足のツアーとなりました。本当にいつもお気遣いに感謝です! また来年も企画しますので、次回も懲りずにどうぞ宜しくお願い致します。本当に心からありがとうございました。


4 thoughts on “8月 西表島オガンツアー2011後記!”

  1. ちゃお より:

    勝栄さん、同行した皆さん、おつかれさまでした~。
    台風の影響も皆無で、ずーっと天候がよく、待望のオガンや
    波照間に難なく潜れて、とっても楽しかったです。共に
    潜り慣れた仲間に、サービス精神に富むジローさん&千晴ちゃんも
    一緒で、終始リラックスでき、夏のバカンスがすごく充実しました。

    らたさんサプライズ企画始め、なんだかチームっぽいノリで
    盛り上がったのも楽しい思い出の一つです。写真を見ながら
    海の青さや潮の速さ、イソマグロの迫力などが蘇りますね。

    次回のオガンは、ぜひバラクーダとカスミアジの群れを!と、
    今からリクエストしておきます。皆さん、またあの激流や透明度を
    一緒に味わいましょう!今回は、ご一緒頂きありがとうございました。
    とりわけ、企画提案してくれたらたさん、それを現実のものにしてくれた
    勝栄さん、本当にありがとうございました。

  2. しょーこ より:

    さっそくのツアー後記UPありがとうございます。写真をみると甦りますねー、あの興奮が。あの透明度にあの流れ、あの迫力。そしてあの鹿!?悩みに悩んで参加したツアーでしたが勝栄さんの最後に一押メールで決断。ホントに行ってよかったです。噂に聞くオガンはさすがでしたね。勤続30周年を迎えたらたさんへのご褒美のすんごいお裾分けをいただいちゃいました。次はOちゃんの勤続25周年。みなさん、またよろしくお願いしまーす(^o^)/

  3. らた子 より:

     まず、ツアー出発日まであまりゆとりのない時期にもかかわらず、誘いに「YES」と返事して参加して
    くださった皆さん、ありがとうございます。皆さんのおかげでした。

     私が何気に発した「勤続30周年」で、まさかまさかのお祝いを水中でも陸上でもしていただき、
    びっくり!嬉しい!ウルウル~でした。
     40匹のマグロから始まり、思い出アルバム、ウミウシ本、アロマキャンドル、Tシャツ、寄せ書き、
    泡盛ボトル、やぶれ饅頭、そしてこれらにかかった時間と手間も含めて、勝栄さん、参加された皆さん、
    エコのスタッフの方々、延岡・日向からお祝いを届けてくださった延岡マリンメンバーの皆さん、本当に
    ”いい仲間、いい出会い”に巡り会えたと感謝しています。 ありがとうございました。
     船上で穏やかな波に揺られ、風を感じ、ボーッと空・雲を眺め、何種類もの海の青さに感動する。
    こんな優雅で贅沢な時間を過ごせる幸せに、これまで頑張って働いてきて良かったと思います。

      今回、念願の「オガン」に”これでもかー”というくらい潜れましたね。さすが「オガン」、イソマグロの
    群れは、「ウオーッ、スッゲー」と声を出したくなる程カッコ良かったです。地形(根)がくっきり見える
    抜群の透明度では深呼吸がしたくなり、頬に感じる潮流やカレントフックで空を飛んでいるような感触が
    かなり心地よかったです。 表層にバラバラ浮遊するサンゴの卵(多分?)も始めて見ました。
     もう一つの初物はトカキンで「ヤシャハゼ♡ペア!」。やっと逢えたヤシャハゼは想像通りプリチー♡
    ラブリーでした。次回はライトを当ててもう少し長く見てみたいです。
     
     絶好のポイントと魚を求め、船を惜しみなく走らせてくださるエコのジローさん、ちはるさん、ありがとう
    ございました。お世話になりました。海中では特に笑わせていただきました。超楽しかった♪♪♪です。
     次回は”カスミアジ1000匹の群れ!”というものに遭遇してみたいです・・・。
     

  4. 延岡マリン より:

    西表島オガンツアーに参加してくれた皆様、本当にお疲れ様でした。
    そしてありがとうございます。
    今回のような大当たりのツアーの久しくなかったので、嬉しい限りですね。

    ラタさんの勤続30周年をみんながお祝いしたいという思いが結集した証として、今回の大当たりになったと思います。
    本当に良かったね、ラタさん。

    でも海は一期一会です。
    あのメンバー、あの日程、あのエコヴィレッジだったからこそです。
    次はおーちゃんの30周年記念で、また是非同じメンバーで、オガンに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です