宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

世界遺産 沖ノ島ツアー2020 後記!

ツアー先 福岡県玄界灘沖ノ島

ツアー期間 2020年7月4夜〜5日(1泊2日)

参加者 タクちゃん、みきちゃん、クリリン、幸子さん、イグさん、バンさん、

担当スタッフ スタッフ勝栄

写真提供 クリリン、スタッフ勝栄

 


◆今年も計7名で予約し、コスミックさんと合同で世界遺産・沖ノ島に潜ってきました♪

天気図とみらめっこしながら、流石に今回は無理かなぁーと心配してましたが、天気や海況にも恵まれ、予定通り潜ることができました。

 沖ノ島ツアーの前夜祭♪




▲せっかくなので今回も前日に福岡入りし、博多グルメ!
もちろん、繁華街を交わし、コロナ予防は万全にして、みんなで楽しんできました。
今春から福岡にいる大学生の長女も合流し、一緒に美味いもん食いました。笑
明日は予定通り、世界遺産・沖ノ島へ行けそうです!やっぱり行いいいね、オレら!笑

 世界遺産 沖ノ島でダイブ♪



▲博多港から約2時間ボートを走らせると、玄界灘の中にぽっかりと浮かぶ世界遺産「宗像  沖ノ島」に到着します。毎回思いますが島が神々しいです。






▲1年ぶりの沖ノ島は、透明度は15m〜20m・水温は23〜24度と、先週と比べて一気に上昇しており快適ダイブでした。
沖ノ島名物のイサキウォール♪



▲沖ノ島名物であるイサキ玉は、写真通りで相変わらずハンパなかったです。
エントリー前の水面ではメジロザメ、水中では特大ブリ、ウミガメを見た人も♪
沖ノ島は魚群だけでなく地形もダイブも出来る♪




▲沖ノ島の人気ポイントになってますが、大きな三角の水中洞窟があり、毎回のようにキンメモドキやネンブツダイの大群がいて、とても生物の多いポイントで大好きです。

ソフトコーラルも多く綺麗だし、カエルアンコウの目撃例が多くて、今回もしっかり会えました。

沖ノ島で4個体のカエルアンコウに遭遇♪




▲何と沖ノ島でカエルアンコウ4個体(オオモン3+ノーマル)と会えました!笑

沖ノ島で4個体は初めてだったみたいですが、やはり俺はカエルアンコウに愛されてるんでしょうね~?笑

しかし、地味色ではありましたがどれも個体がでかくて撮影しやすかったですね。

沖ノ島名物「碇石」♪


▲歴史を物語るように、13~14世紀時代のものと言われる鉄などの金属が一般的ではない時代に帆船のアンカーとして石で作られた「碇石」も見せてもらいました!

沖ノ島ツアー恒例!?


▲どちらがスイカなん?(笑)こんな感じで毎年恒例となっているネタですが、この沖ノ島ツアーに熊本名物のスイカを持参してくれて、沖ノ島を見ながら食べるスイカは毎年格別です。

クリリンありがとうね~♪

毎年のように、海もグルメも沖ノ島ツアーは最高に楽しかったです!!

おまけに、ツアー帰りの道中まで雨も持ってくれましたし、最後まで俺らモッてました♪

 帰りは別府で温泉&グルメ♪



▲福岡からの帰りは、これが楽しみで別府インターで降ります。(笑)

見てください!!このボリューム満点のステーキ丼を♪

これをお塩や秘伝ダレにつけて食べるのですが、マジに美味かったっすよ。

お腹いっぱいになって、温泉にゆっくり浸かって運転するので、帰りが地獄のように眠かったのは言うまでもないですが、至福の時でした。

 最後に・・・

◆ツアーに参加された皆様、そしてお世話になったコスミック様、ありがとうございました。
やっぱり沖ノ島の魚影は、今年も半端なかったですね〜!
特にイサキウォールは圧巻。囲まれるときに、イサキが一斉に泳ぐときに音がするんで迫力満点でしたね。
やはりまた行きたいと思わせる海なので、来年も是非企画したいと思います。
今回行けなかったメンバーさんや興味ある方は、来年は是非九州の世界遺産を潜りましょうね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です