宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

NHKハイビジョンカメラで延岡を取材!

NHK水中取材班の延岡取材後記!2007/08/20〜23(3日間)
nhk070821_R.jpg nhk070821_R (25).jpg
◆8月20日夜からNHKの水中取材班が延岡入りし打ち合わせをして、21日から三日間、ハイビジョンカメラにて延岡の海中世界の取材が始まりました。今回でハイビジョンカメラで海中取材を行うのは実は3回目なんです。ハイビジョンカメラの水中キットはな・なんと1500万円のカメラですよ!今回の水中取材班には宮崎放送局でお馴染みの細田アナウンサーも同行しました。細田さんもベテランインストラクターで、今回はランティングや水中リポーターをされました。その3日間の取材の詳細はこちら↓
■報告者:スタッフ勝栄
              

【取材初日】
◆朝9時過ぎにマリン集合。撮影器材や打ち合わせを確認し、浦城港から出航しました。今回とりあえず「夏の海中世界」と「オオスリバチサンゴ」と「延岡ならではの生物」を中心に撮影したいとのリクエストにてポイントを決めました。前日まで海況が悪かったこともあり、透明度も悪かったのが残念でしたが、見せたい生物たちも無事に撮影できてホッとしました。
【ダイビングポイント】
①紅華の根
②野坂(オオスリバチサンゴ)
③沖の小島
■晴天■透明度10〜4m■水温25〜23℃■海況Good!
nhk070821_R (4).jpg nhk070821_R (1).jpg oosuribachi_R.jpg nhk070821_R (7).jpg
nhk070821_R (6).jpg sd0708_R (5).jpg nhk070821_R (8).jpg nhk070821_R (12).jpg
ソフトコーラル畑やキンギョハナダイの大群を取材中に、カンパチの凄い大群にも遭遇しましたよ。でもカメラでは撮れておらず・・・。でも圧巻でした。
その他、サクラダイ&スジハナダイ、カシワハナダイ、レンテンヤッコ、シテンヤッコ、ニザダイ大群、メジナ大群、サキシマミノウミウシ、ニラミギンポ、オキナワベニハゼ、コクテンベンケイハゼ、ウメイロモドキ群、ゴマチョウチョウウオをはじめチョウチョウウオ各種、サザナミヤッコ幼魚、アオチビキ群、シマアジ、アカヒメジ&ノコギリダイ群、ノコギリヨウジのペア(抱卵中)などなど。すべてのダイビングを約60分以上潜って撮影しました。
【取材二日目】
◆2日目も社長と勝栄でガイドしました。2日目は陸上の撮影班2名も加わり、島浦島周辺のアーチや洞窟などの映像もボート上から撮影しましたよ。かなり本格的な放送になりそうですよ。そして海中は1本目と2本目は初日の撮り残した生物を中心に撮影しました。運良くクマノミ・ペアの産卵シーンやスズメダイの子育てシーンにも遭遇し、バッチリ生態映像が撮れました。徐々に沖は透明度も回復し始めていますが、やはりオオスリバチサンゴのポイントは濁っていました。それがとても残念!でも水中リポート付き撮影したので、見ててとても参考になったし楽しかったです。3本目は島の東側がクリアだったので、NEWポイント「ダブルアーチ」に連れて行きました。ソフトコーラルもたくさんついておりキレイで、トンネル内には凄い数の魚もいました。
【ダイビングポイント】
①紅華の根
②野坂(オオスリバチサンゴ)
③ダブルアーチ
■晴天■透明度16〜3m■水温27〜25℃■海況Good!
nhk070820_R (1).jpg nhk070820_R (6).jpg nhk0708202.jpg nhk070820_R (5).jpg
nhk070821_R (11).jpg nhk070821_R (21).jpg nhk070820_R (11).jpg nhk0708202 (3).jpg
その他、アカネキンチャクダイ、スジハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイ群、ケラマハナダイ、カシワハナダイ、カンパチ、シマハタタテダイ、アオチビキ群、サザナミヤッコ成魚、タカベ群、サキシマミノウミウシ、イシダイ、レンテンヤッコ、シテンヤッコ、コロダイ、ツノハタタテダイ、サラサ&ミナミ&メガネ&ウイゴンベ、ゴマやミゾレを始めとするチョウチョウウオ各種、シモフリフエダイ群、ニザダイ群、イシガキダイ、シマアジ群、サキシマミノウミウシ、コマチコシオリエビなども紹介しました!
【取材最終日】
◆いよいよラストの三日目は、延岡の海らしい海中シーンを求めて島毛に!そしたら透明度がまあまあとなっており、しかも魚はわんさかいましたよ。しかもタテキン成魚&幼魚とサザナミヤッコ成魚&幼魚を撮りたいとのリクエストでしたが、イサキの大群、カツエイギンポ2色、レンテンヤッコなどと絡めて撮影することも出来てバッチリ!世界中潜っている撮影スタッフの方々ですが「島毛は面白い!」と魚影&魚種の豊富さに大好評でした。温帯と熱帯の海がブレンドしている海中世界が延岡の海の面白さとして主張できると思います。そして再度オオスリバチサンゴポイントで仕上げの撮影をして、ラストは天神でイロカエルアンコウ(赤)も撮ることが出来、取材が無事終了しました。
【ダイビングポイント】
①島毛フラワーガーデンNo.1
②島毛フラワーガーデンNo.1〜No.2
③野坂(オオスリバチサンゴ)
④天神(魚礁)
■晴天■透明度15〜4m■水温29〜26℃■海況Good!
nhk070821_R (18).jpg nhk070821_R (24).jpg nhk070821_R (13).jpg nhk070821_R (19).jpg
nhk070821_R (23).jpg nhk070821_R (20).jpg nhk0708202 (1).jpg logi_R (3).jpg
その他、カンパチ群、フエヤッコダイ、アカネキンチャクダイ、巨大イシガキフグ、テリエビス群、特大アオブダイ、アカハタ、アジアコショウダイ、イタチウオ、カゴカキダイ群、トゲチョウチョウウオ群、ツノダシ、特大ボラ、キビナゴ大群なども見れました。
結果的に今回の取材は3日間で計10本潜りました。ダイビング後、マリンにて撮影した映像を確認しましたが、やはりハイビジョンの映像はキレイですね。放送が本当に楽しみです。
◆宮崎県内での今回分の放送は8月30日(木)PM6:00台のニュースで6〜7分間放送されましたが、また今年の12月初旬に後編用の海中取材も行われます。そこで撮影した映像とこの夏に撮った映像とを合わせて編集し、今度はNHKの全国放送で放12月中旬くらいに送される予定です。
また放送日が分かったらご報告いたしますので、是非皆さん見てくださいね!
最後に・・・、今回取材で携わったNHKの細田アナウンサーを始め、スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。また冬もアフターダイブのガイドも含めお任せください!次回の取材もよろしくお願いいたします。では冬を楽しみにしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です