宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

新造船日記3!

【延岡マリン・ダイビング専用新造船日記】
◆新しいボートが職人さんの力により日に日に造られています。今回は外装が出来上がり、キャビン(船室)やサンデッキ(屋根部)やベンチの内張りまで進んでいたようです。
ボートの素材は樹脂(FRP)を硬化剤とともに何層にも重ねていきます。もちろん安全性を考え頑丈に作ってもらってます。
《2006年7月10日現在の様子》
◆新造船・全景◆
newboat1.JPG
今の船より2m全長が長くなり、かなり大きいですよ!
◆新造船・船首部◆
newboat_4.JPG
波を切りながら滑走していく部分です。河川などの浅瀬にも入れるように特注で鉄板も入っています。
◆新造船・船尾部◆
newboat_3.JPG
河川などの浅瀬などにも入る為、エンジンは船外機となるので、今後取り付けようのトランザムが切り込まれます。
◆新造船・屋根部◆
newboat_6.JPG
夏の強い日差しにも快適に船上で休憩できるよう広く作られてあります。新船はテントではなくFRPの素材で頑丈になってます。
◆新造船・ベンチ部◆
newboat_2.JPG
もちろん今回もベンチ付きです。ダイバー専用船らしくタンクホルダーを設けていますので、この凹凸はその穴です。
◆新造船・キャビン部◆
newboat.JPG
秋から冬にかけてベストコンディションの延岡で更に快適に過ごせるキャビンも内張りが終わってました。
毎回造船所に行く度に、徐々に完成にむけて様々な個所が出来上がっているので、とても嬉しく思います。家を買うくらいのお金が掛かりますが、家が出きるのもこんな気分なんでしょうね・・・。
※今後もこのコーナーで定期的に造船の様子をお伝えしていきますね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です