宮崎でダイビングを楽しむなら延岡マリンサービス

平成25年度までに延岡駅舎が生まれ変わる!?


今晩は延岡市の各面々が「町づくりセンター」に集まり、ワークショップがありました!
本日の話題は我が「延岡駅」が生まれ変わる・・・という嬉しいお話です。
しかもなんと平成25年度までに・・・!
平成25年と言えば、あと3年ですからね、それが本当であれば私ダイバーにとっては嬉しいお話ですよね。
だって、今現在の延岡駅には「エレベーター」なければ、「エスカレーター」もありません。
だから電車で延岡に来た際、1番線に到着する電車以外は重たい器材を持って階段を昇降することになるので、事前にショップ宛に器材を郵送するようにアドバイスしております。
もちろん生まれ変われば、先に生まれ変わった隣町の日向駅のように、このようなデメリットもなくなる上に、時間潰しができるような空間になることで、本格的に観光地を目指す延岡市にとって、「玄関口」としても恥ずかしくないし、観光客の利便性も増すので言うことなし・・・です。

そこで、「新延岡駅をどのような駅にしたい?」ということで、行政関係を含む各方面の市民が集まり、ワークショップをしたのですが、このメインゲストとして基調講演をしてくださった山崎氏は、なんと今度「情熱大陸」に登場する予定の建築士さんだそうです。
写真は、延岡商業観光課のNさんですが、Nさんの話も現実味が納得でしたが、特に山崎氏のお話はとても面白いし、ワクワクするような講演に、将来の延岡市を想像し、もう楽しみで楽しみで仕方ありません。
首藤延岡市長が「マニフェスト」に掲げた大きな事業のひとつ・・・。
平成25年には念願の高速道路「東九州自動車道」も開通するし、今まで立ち遅れすぎていたこの延岡市ですが、大きく大きく生まれ変わること間違いないのでは?
さあ!これからのこの延岡市にこうご期待を・・・!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です