0982-36-0852お問合せ

無人島「高島」クリーン大作戦・後記!

★2011年5月15日(日) 開始時間 AM8:30~★
(A班のみ)
◆5/15(日)に、のべおか感動体験案内人協議会(ノベスタ)の企画で、北浦沖に浮かぶ”無人島”『高島(たかしま)』に上陸し、探検してきました。
この日はピーカンで最高の海日和! もちろんこんな天気&海況の良い日曜日に潜らない・・・なんて本来ありえないのですが、ノベスタ会長ということもあるし、他のスタッフでショップのスケジュールが回せたので、チビ2人を連れて参加しましたが、参加者は地元の小学生&保護者を入れて合計40名近くになりました。
  
★今回の目的は、まず・・・
①環境保護の為にビーチクリーンをすること
②地元の素晴らしい観光資源の掘り起こしをすること
③観光協会のメニューとしてのモニター
  
スケジュールと内容は下記の通り・・・。
  
【イベントスケジュール】
08時20分 古江港集合
08時30分 古江港出港
09時45分 探検スタート
12時00分 昼食(BBQ)
13時00分 ビーチクリーン
15時00分 古江港解散
   
【イベント内容】
☆ゴミエモンをやっつけろ!~与えられたミッションをクリアしながらゴミエモンにたどりつけ!~
☆フェアビーを探せ!~高島に隠れ住むビロウの妖精を探せ!~
☆クリーン抽選会
☆お楽しみバーベキュー
  
★いよいよ無人島・高島へ上陸!


▲同じくノベスタの脇坂さん所有のクルージング船”ワッキー号”に乗り込み、古江港より高島へ。 約5分程度で到着しますが、高島はボートを接岸できるようになっているんですよー。 高島の目の前には、ダイバーにお馴染みの『島浦島』が一望できます。 また隣には『耳ほげ』という小島もあるし、お隣の大分県の『深島』なども見れるので、とても新鮮でロケーションバッチリです。
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

★イベント内容&ルール説明!

▲まずは参加者にルールを説明! 参加した小学生は地元北浦の子供たちだったのですが、ほとんどの子供&保護者の方々が初上陸とのことでした。 そしてA班・B班の2チームに分かれてそれぞれがスタートです! 
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

★最初のミッション:高島をキレイにして武器をゲットしよう!


▲各班ごとに、まずはこの島に住むという怪獣”ゴミエモン”を倒す為の水鉄砲をゲットする為、最初のミッションはビーチクリーン! こんなキレイな無人島にもたくさんのゴミや漂流物が流れ着いていましたが、みんな一生懸命にキレイにしてくれました。
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

★高島に住む怪獣”ゴミエモン”をやっつけろ!


▲そして武器となる水鉄砲をゲットし、満面の笑みを浮かべ”ゴミエモン”を倒す気満々の子供たち・・・。 そんな中、突如現れた”ゴミエモン”! 体長は180cmを越えるでかい怪獣を皆で力を合わせて・・・、いやいや容赦なく、コテンパンにやっつけてしまい、「ごめんなさい!」を言わせました・・・(笑)。
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

★ビロウの妖精”フェアビー”を探せ! 


▲そして、次にこの高島に住むビロウの妖精”フェアビー”を探しにミニトレッキング! 自然保護や日本最北限の自生地とされるビロウ樹の説明を受けた後、オリエンテーリング方式でクイズなどに答えながら、楽しく山中を探検。そして無事にフェアビーに遭遇・・・。 ここで子供たちはご褒美のシールをもらいました。
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
 
★日本最北限の自生地とされるビロウ樹の群生!


▲そして、そのフェアビーがいた場所周辺に広がっていたのは、亜熱帯のジャングルを思わせるほどの”ビロウ樹”の大群生! 先日のGW中に訪れた西表島にも負けないほど、そこはまさに亜熱帯のジャングルそのものでした。 私もこの大群生は初めて見ましたが、これはこれは一見の価値ありですよー。 こんな観光資源がこんな近くに眠っていたとは・・・ね。 マジに感動しました。
 
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

★その他、内容盛りだくさん・・・! 


▲この他、”貝殻拾い”や”磯場観察”、そして”火起こし体験”や”ビーチBBQ”、そしてそしてノベスタグッズが当たる抽選会・・・などなど、朝8時過ぎから3時ごろまでジックリ無人島体験し、子供から大人まで様々な体験&遊びが出来、大満足の企画となりました。
  
【最後に・・・】
◆延岡観光協会、商業観光課、そしてノベスタの皆様、本当にお疲れ様でした!
私も数十年ぶり・・・に上陸しましたが、高島は最高っすわー!
沖にはお馴染みの”島浦島”や大分県の”深島”なども一望できるのでクルージングにも持って来いだし、、ダイビング中の休憩時やビーチコーミングでもタカラ貝やサンゴの欠片などもたっくさんあり、様々な用途と利用できますわ。
そして、何と言っても”無人島”ということ・・・、そして亜熱帯の植物「ビロウ」の”日本最北限”の自生地が実に見事で、本当に延岡の宝物と呼べる素晴らしい島でした。
きっと、これから延岡の観光名所のひとつになっていくと思いますが、私たちはそんな宝物を大切に守りながら、ダイビング業界でも延岡に来て頂くダイバーさん達をさらに満喫できるように、新たなオリジナルアイテムとして確率していきたいと考えています。

※今夏には一度、初企画となる『北浦エリアのボートダイブ&高島上陸』のファンダイブ&ミニトレッキング(ビロウ樹観察)の新しい企画も考案中ですので、NMSメンバーの皆様、お楽しみに・・・!