0982-36-0852お問合せ

ダイビングログ:2019年7月17日(水)

天  気 曇りのち時々小雨

最高気温 26℃

風の状態 南東/弱い

海  況 Good!

海  流 なし

活動内容 シュノーケリング・ボートファン

ボート:透明度&水温が復活傾向!

ポイント①オアシスNo.3・②キサンゴパーク・③シ-メイズNO.2 報告者

スタッフ勝栄
水温26~24℃
透明度13~6m

今日は、昨日から延岡入りしている関西からの修学旅行用の視察でお見えになっている旅行会社6社と宮崎県観光推進課、宮崎県観光協会の方々を島浦へご案内し、シュノーケリング体験をしてもらいました。

雨予報を吹き飛ばし、シュノーケリングが終わるまで雨を降らさず、オアシスエリアは透明度&水温も少し上がっており、予定通り綺麗な海中世界を見せることができました。

そして・・・修学旅行用の視察を終えて、今度はNMSメンバーを連れてボートダイブ!
作兵衛のキサンゴパークとシーメイズの裏側は、透明度まあまあでいい感じでしたが表側は想像よりいまいち。(笑)
でも、水温が水面は25~26℃、水底が24℃台でしたから、快適だったし、キサンゴパークのまだ未開拓のエリアも覗いてきましたが魚がわんさかいました。

また、キサンゴパークのオオモンカエルアンコウ2個体と、ニシキフウライウオのペアは健在でしたよ~♪

そして、シーメイズではサンゴを楽しみにいきましたが、水温が上がりキンギョハナダイの群れが一段と大きくなり、この沖縄とは違うカラフルな海中世界に癒やされて帰ってきました。

その他、ゴマチョウチョウウオやテヌウニシキウミウシ、キッカミノウミウシ、ゼブラガニ、クリアクリーナーシュリンプなどにも会えました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です