0982-36-0852お問合せ

ダイビングログ:2016年12月26日(月)

2016-12-26-sango-3-650x488
今日は今年最後となる北浦エリアの藻場モニタリングへ♪
まだまだウニが多く、焼け野原のような状態が続いていますが、このプロジェクトにより以前のような海草が生い茂る海中に戻ることを祈ります。

天  気 曇り

最高気温 15℃

風の状態 北東/弱い

海  況 ウネリあり

海  流 なし

活動内容 北浦エリアの藻場&島野浦サンゴモニタリング

ボート:NEWサンゴポイントは今後が楽しみ!

ポイント①北浦エリア5ヶ所・②島野浦作兵衛 報告者
水温18~19℃
透明度8~10m

北浦エリアの藻場調査は計5ヶ所でやっています。
まだどこもウニが多く、海草が増える時期でないこともあり、写真を見てもらったら分かる通り、焼け野原のようです。
d-28-650x488
d-24-650x488 d-26-650x488 d-27-650x488 p8150151-650x488

そして、午後からは・・・少し前に見つけた新サンゴ群生ポイントへも行って、日常モニタリングしてきました!
島野浦のサンゴは今日も元気でしたよ♪
2016-12-26-sango-5-650x488 2016-12-26-sango-7-650x488 2016-12-26-sango-8-650x488 2016-12-26-sango-9-650x488 2016-12-26-sango-10-650x488 2016-12-26-sango-12-650x488 2016-12-26-sango-13-650x488 2016-12-26-sango-16-650x488

こうして定期的に、オニヒトデやレイシ貝などの食害や投錨などによる人的被害がないかをチェックしてます。
サンゴもこれくらいの大きさになると、今後の成長するスピードがかなり速くなると聞きましたので、このまま守れればココも立派なポイントになります。
ダイバーの皆さん、そして島野浦の島民の皆さん、お楽しみに~♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です