0982-36-0852お問合せ

今季初のクマノミの卵!

科名スズメダイ科 体長一粒の大きさは約2mm 発見者STAFF勝栄
発見ポイント 天神ビーチ
よく出現するポイント 延岡全般
探し方のコツ

初夏から秋頃まで、延岡のほぼすべてのポイントで見ることが出来ます。
水温が23℃を超えた海中でクマノミのペアがいたら、住まいとしているイソギンチャクの周辺を観察してください。
特に、ダイバーをみると「向こうに行ってよ~」的な態度をとっているクマノミはほぼ確実に持っています。

生物うんちく

今年は水温の上がりが遅く、ようやく今季初の卵を発見しました。
この日は、その他のペアも卵を持っているのも観察できましたので、今後はあちこちで産みつけることでしょう。
産みつけて、そう時間たっていない卵はオレンジまたは赤色が鮮やかです。
その後1週間以上経つと、色が地味になって行き、最終的には黒っぽくなり、眼が見えるようになります。
産卵を頑張るペアは、年間で5回~7回くらい産みますので、今年も沢山産んで欲しいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です