0982-36-0852お問合せ

ハッチアウト寸前のハナイカ卵!

 
▲卵内でしっかり変色します。


▲いまだにハナイカに会えるということは、まだ産卵しているということです。

科名コウイカ科 体長約0.7cm 発見者STAFF真由美
発見ポイント 天神ビーチ
よく出現するポイント 天神ビーチ・バクチバエなど
探し方のコツ

4月にはいると、特に天神ビーチでハナイカを見かけるようになり、同時にいた場所の近くの岩の隙間やウニの抜け殻内に卵を産み付けています。
延岡では、ハナイカが産卵しやすい場所を作っており、そこに毎年卵を産んでくれるので、観察がし易いです。

生物うんちく

今年はコロナで邪魔をされていますが、毎年ハナイカの卵を観察できます。
今年も2個体ハッチアウトする瞬間に遭遇しました。
まだ卵は残っていますので、今後もチャンスあります。
産まれたてなのに、変色したり、墨はいたりしますので、楽しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です